父と子(1983)

ちちとこ
上映日
1983年1月15日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
文芸 ドラマ

ここが見どころ

父と子の絆を求めて旅に出る二人の姿を描く。朝日新聞に連載された水上勉の同名の小説を映画化したもので、脚本は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の菊島隆三、監督はこの作品がデビュー作となる保坂延彦、撮影は「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」の村井博がそれぞれ担当。

「父と子(1983)」のストーリー

高校生の高志は、父、竹一に秘密があることを知る。小料理屋を営む実母の豊子は、久しぶりにたずねてきた息子に「父さんの生れた阿慈っていう町のことを知ってるかい」と話した。数日後、些細なことから高志が担任教師をナイフで傷つけてしまった。突然の出来事に驚く竹一は、高志に理由を問うが、判然としない。ルートバンの移動書店を生業とする竹一は商売を理由に一度も高志の学校に足を向けず、父と子の溝は深かった。家に帰れば後妻の由枝がわめきたてることから、竹一は高志と一緒にバンで旅に出ることにした。車はいつしか、竹一の姉、百合のいる盛岡に向っていた。二人っきりでゆっくりと話し合おうと竹一は思ったものの、宿でも高志は心を閉したままだ。途中、二人は若い娘トメ子に出会った。仙台まで同乗することになったトメ子の前で高志は明るい表情を浮かべ、うって変った息子の表情に、竹一は戸惑いさえ覚えてしまう。仙台でトメ子を見送った高志は、一見陽気そうな彼女のなかに、一沫の淋しげな様子を感じ取り、自分と同じように、心のどこかに痛いところがあるんだなと思う。二人は盛岡に着いた。小さなスナックを開く百合の、あっけらかんと自分の過去を話す姿に、高志は親しみを覚えた。竹一は高志を市内見物に出した後、百合に全てを打ち明けて相談した。竹一ははじめて息子のことを真剣に考えていた。百合にも励まされて、高志に全てを話そうと決心する。翌朝、百合も同乗した竹一の車は、青森と岩手の県境にある故郷の阿慈に向った。やがて車は火葬場で止った。竹一は「ここが父さんの生れた家だ」と高志に静かに告げた。家業を継いだ弟の桐二が今しも赤ん坊を火葬にふそうとしていた。棺にふして泣き叫ぶ若い母親を押しとどめる桐二。その異様な光景を高志は硬直したように凝視していた……。

「父と子(1983)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「父と子(1983)」のスペック

基本情報
ジャンル 文芸 ドラマ
製作国 日本
製作年 1983
公開年月日 1983年1月15日
上映時間 113分
製作会社 サンリオ
配給 東宝
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「父と子(1983)」のみんなのレビュー

「父と子(1983)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。