キッドナップ・ブルース

きっどなっぷぶるーす
上映日
1982年10月9日

製作国
日本

上映時間
94分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

中年男と少女の奇妙な旅を描く。映画に初めて挑戦するカメラマンの浅井慎平が脚本、監督、撮影の全てを担当している。主演はタモリ。淀川長治はじめ多彩な人物がゲスト出演している。

「キッドナップ・ブルース」のストーリー

遥かに東京の灯りが点滅するのが見えるT川堤。ハンティングキャップをかぶった男Rが自転車に乗っている。陽気な客で賑わう酒場で、一人、酒を飲むR。林檎を買うR。自転車の篭には林檎とレゲエのリズムを流すトランジスタラジオがある。ゴリラのぬいぐるみを持った少女Yがいる。RはYが「海を見たい」と言うので、自転車で出発した。少女は家に電話をするが、誰もでない。焚火の傍でギターを弾く男がいた。RとYは近づいていった。パチンコの景品を金に換えるR。Yのママはホステスで家にいないときが多い。Yが家に電話すると、ママがでた。Yは「おじちゃんと一緒にいる」と言うと電話を切った。風呂に入っているRとY。カメラを買うR。雪道を歩いてくる刑事。鉄格子の閉る音。鉄格子の向うにうずくまるR。カメラが引かれると、鉄格子だけが雪原に立っている。Rの後に黒い森がある。果てしないすみ色の雪原と遥かな山々。Rは立ち上り、トランペットを吹きはじめる。

「キッドナップ・ブルース」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キッドナップ・ブルース」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982年10月9日
上映時間 94分
製作会社 バーズスタジオ=ATG
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「キッドナップ・ブルース」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません