海底都市

かいていとし
上映日
1971年8月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

80年後の海底につくられた巨大な都市を舞台に、スリルとサスペンスをみなぎらせてストーリーが展開するSF映画。製作・監督はアーウィン・アレン、脚本はジョン・メレディス・ルーカス、原作はアーウィン・アレン、撮影はケネス・ピーチ、音楽はリチャード・ラサールがそれぞれ担当。出演は「素晴らしきヒコーキ野郎」のスチュアート・ホイットマン、ローズマリー・フォーサイス、ロバート・ワグナー、ロバート・コルバート、スザナ・ミランダなど。

「海底都市」のストーリー

時は2051年、海底都市パシフィカの創設者で、若くして司令官の地位を退いたマイケル・マシューズ(スチュアート・ホイットマン)は、大統領の要請により、再び海底都市に赴くことになった。今度の任務は、フォート・ノックスが頻繁に発生する地震で破壊の危機にさらされているため、貯蔵されている強力エネルギー源H-128を海底都市に集めることであり、その爆発防止用の金の貯蔵庫の建造であった。マシューズには個人的な悩みがあった。海底都市の人々が、共同創設者であったビル・ホームズの死をマシューズのせいだと信じていることだった。案の定、出迎えたウッディ・パターソン司令官(ロバート・コルバート)はじめ科学者たち、特にビルの未亡人ライア(ローズマリー・フォーサイス)の態度は冷たく、彼に激しい敵意を見せた。そんな中で、彼を暖かく迎えてくれたのはアギラ博士、秘書のエレナ(スザナ・ミランダ)、弟のブレット・マシューズ(ロバート・ワグナー)の3人だった。ブレットは、貯蔵庫の建造に当たっていたが、密かに、移送されてくる金の強奪を計画していた。マシューズの仕事は順調に進んでいたが、突然、大統領から秘密会議に出席せよとの通達が入った。そこで知らされたのは、地球の300 万倍の重力をもった小惑星が地球に接近中で、7時間後に地球に衝突するということだった。パシフィカに戻り避難命令を出すマシューズのところに、ビルの父親ホームズ教授が、息子の死に関してマシューズが無関係である証拠を見つけたと言ってきた。彼と共に残ることにしたライアの、何気なく口にした言葉にヒントを得た彼は、惑星のコースを変えるため、都市防衛用のミサイル、バルカンを発射させることにした。一方、ブレットは、この騒ぎに紛れて貯蔵庫にある金とH-128を盗む計画を進めていた。ミサイル発射準備完了と同時に、コンピューターに、惑星が加速して衝突の時間が1時間早くなったと出た。マシューズは急いでロケットを発射した。コントロール・センターを出たアギラ博士は、ブレットが潜水艦に金を積んでいるところを発見し、博士から知らせを受けたマシューズが、通風管から貯蔵庫にしのび込み、激しい格闘の末、ブレットは死んだ。ロケットは惑星に向かってぐんぐん進み、見事命中した。そして惑星は徐々にコースを変えはじめた。こうして“海底都市”は救われた。

「海底都市」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海底都市」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1971年8月28日
製作会社 アーウィン・アレン・プロ作品
配給 ワーナー
レイティング
カラー/サイズ カラー

「海底都市」のみんなのレビュー

「海底都市」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「海底都市」を観ているあなたにおすすめの映画