海底世界一周

かいていせかいいっしゅう
上映日
1966年5月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

脚本は「ライノ!」のアーサー・ワイスと「頑張れフリッパー」のアート・アーサーが共同で執筆。「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンが製作と監督を担当したSFもの。撮影はクリフォード・ポーランドで、特に海中シーンの撮影は「フリッパー」のラマー・ボーレンが当った。音楽は「マードックの拳銃」のハリー・サックマン。なお、特殊効果は、プロジェクト・アンリミテッド会社が受持った。出演者には「真昼の決闘」のロイド・ブリッジス、「007/ゴールドフィンガー」のシャーリー・イートン、「頑張れフリッパー」のブライアン・ケリー、「0011ナポレオン・ソロ」シリーズの人気者デイヴィッド・マッカラム、「グレート・レース」のキーナン・ウィン、「キリマンジャロの東」のマーシャル・トンプソン、「頭上の敵機」のゲイリー・メリル、「裏切り部隊」のジョージ柴田などである。

「海底世界一周」のストーリー

最近世界の各地に地震がたびたび起こった。ために世界の海底に地震警報網を張り、兆候を早く捉え、避難の時間を作ろうとする事になった。幸い米国でハイドロノート号という深海潜航艇が誕生した。この艇を使ってということで、乗組員は海の科学者スタンディッシュ博士(ロイド・ブリッジス)。艇の設計・建造に当ったモスビー博士(ブライアン・ケリー)。地震学のヒルヤード博士(マーシャル・トンプソン)。電子工学のボルカー博士(デイヴィッド・マッカラム)。水中呼吸ガスの権威スタール。生理学者で薬学の専門家ハンフォード博士(シャーリー・イートン)の6人が選ばれた。乗員の仕事は50本の信号機を世界の海底に取りつけることだ。信号機から宇宙ステーションのシンコムに中継され、ワシントンの地震センターにキャッチされるのだった。海図にも載っていない水域や、人類未到の深みに潜っての作業は、そのつど危険が待っていた。海底火山では熱海水にまきこまれたり、大鮫や海蛇と戦ったりしながら作業は続けられていった。優れた科学者ぞろいだったが、紅一点のハンフォード博士の魅力は、周囲の注目の的であり、乗組員の唯一の慰めでもあった。やがて太平洋での作業を最後に警報網は完成し、科学者たちは成功の喜びを分かちあった。その最中「パナマ運河西南400キロに新海底火山活動開始せり」との電文が入った。そこに信号機を設置するため現場に急行した。火口に信号機を設置し終わった時、火山が爆発した。艇は火口の入口に土砂とともに埋れてしまった。このままでは、6人は艇もろとも海底に生き埋めとなるよりほかなかった。それぞれの専門の分野で、必死の努力が続けられた。そして、ついにその努力が効を奏した。船体を切断し、全員浮上に成功、救援のヘリコプターに救助されるのだった。

「海底世界一周」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海底世界一周」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1966年5月7日
製作会社 アイバン・トース・プロ映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「海底世界一周」のみんなのレビュー

「海底世界一周」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。