海底十六尋

かいていじゅうろくひろ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のクレイトン・チェニーが「餓鬼娘」「時計の殺人」のサリー・オニールと共に主演する映画で、エースタス・L・アダムス作の大衆小説をA・B・バリンジャーが改作し、ノーマン・ヒューストンが脚色し、「荒原の覇者」のアーマンド・シェーファーが監督に当り、「砂漠の遺産」のアーチー・スタウトが撮影している。助演者は「霧笛の波止場」のモーリス・ブラック、「海の荒鷲(1933)」のジョージ・レガス、ジャック・ケネディー、ロイド・イングレアム其他である。

「海底十六尋」のストーリー

快青年ジョーは町で一番の可愛い娘ロージーと恋仲であった。彼は想愛の彼女と結婚する為めに金が欲しかった。年に一度の海綿の市が立つのを幸い、彼は海綿を採取して来て一儲けしようと思い立った。そこでジョーは町の勢力家の金貸サヴァニスから三千弗を借りて、新造船「勇敢なロージー」を手に入れ、海綿採取に赴いた。ところが腹黒いサヴァニスは彼自身ロージーに横恋慕していたので、ジョーをあわよくば亡き者にするか、少くとも破産させる奸計を立てた。その為めに其の部下のニックを「勇敢なロージー」に乗組ませて、ジョーの邪魔をさせた。ジョーは希望に燃えながらも幾度となく襲って来る不運に海綿も思う様には採れなかった。一方ロージーはサヴァニスの奸計を知り、モーターボートを飛ばしてジョーの許にかくと急報に赴いた。その頃ジョーは漸くニックの邪魔が悪意のものである事を知り、ニックを彼の代りに潜水させていた。ところがニックは海綿採取中大鮫に襲われ、逃げようとして却って岩石の間に巻込まれて、死に直面した。ジョーは悪い男でも殺すに忍びず自らの生命を賭してニックを救いに跳込んで助けてやった。この恩に感じたニックは流石に自らを恥じて一切を告白して罪を謝した。サヴァニスは更に暴漢十数名を差向けて「勇敢なロージー」を襲撃させたが、ジョー等は乱闘の末撃退して了った。ロージーはジョーの為めに市場に急行して競売の時間の延期を乞うた。かくてジョーは良質の海綿を満載して帰り、巨利を獲る事が出来た。ジョーがロージーと相抱いて悦び合ったことは云うまでもなかろう。

「海底十六尋」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海底十六尋」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 モノグラム映画
レイティング

「海底十六尋」のみんなのレビュー

「海底十六尋」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません