海底

かいてい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

米国シカゴ市のフィールド博物館の依頼によって、ジェー・イー・ウィリアムソンが父の故チャールス・ウィリアムソン大佐発明のウィリアムソン式チューブと称する潜水装置にカメラを据えて、西インドのバハマ諸島のナッソオの近海の海底を実写したもの。5尋乃至20尋の海底を約4ヵ月間を要して撮影したと称されている。撮影にはジェー・イー・ウィリアムソンが当たり、編集にはウィッド・ガニングがポール・マシュケを助手として当たった。篇中、海底探検隊の一行が、ナッソオ付近に於いて、汽船にウィリアムソン式チューブを組み立てて、カメラを携えて下降し、最初の海底撮影を行うところ、海草類採取の実況、鮫の襲撃、その捕獲の実況、等を海底から撮影したところがある。更に、白珊瑚や海蛇などの生活状態をカメラに収めている。この近海は往時海賊が横行したところなので、沈没船が少なくないが、本探検隊もその一隻を発見し、財宝を探らんとしたが、沈没船に巣くう巨大なる蛸魚のために妨げられる。しかのみならず、潜水夫が蛸魚のために命を奪われかけたので、潜水具を着用した二人の水夫が救援し、乱闘の末に蛸魚を退治する実況を撮影している。さらに蛸魚征服後、引き上げる途中、一人の水夫が流砂に吸い込まれて命を堕そうとするのを、他の潜水夫が鉄鎖を持ってきて間一髪に救い出す実況をも撮影する事に成功している。

みんなのレビュー

「海底」のレビューを書く

「海底」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海底」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作会社 ブリンシパル映画
配給 ヤマニ洋行
レイティング

「海底」のみんなのレビュー

「海底」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません