冒険者カミカゼ

ぼうけんしゃかみかぜ
上映日
1981年11月7日

製作国
日本

上映時間
115分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

大学の不正入学金を強奪、組織の追求をくぐり抜ける三人の男女の冒険を描く。脚本は「時の娘」の内藤誠、「蔵の中」の桂千穂、「さらば、わが友 実録大物死刑囚たち」の中島貞夫の共同執筆、監督は「従軍慰安婦」以来七年ぶりの鷹森立一、撮影は北坂清かそれぞれ担当。

「冒険者カミカゼ」のストーリー

元オリンピック体操選手で、東西大学職員の神風大介は、女性ジョッキーを目指す金城ケイとふとした偶然で知り合った。二人はバッチリお酒落をして大金持ち紳士と令嬢風に、豪華なディナーを取るが、腹の中では、お互いに相手の金を計算しているから情けない。東西大学医学部学生、星野明は、体操部所属だが、鉄棒の練習をしている最中に、除籍通知を受けた。不正入学が露見して、大学当局の犠牲者となったのた。怒る明は仲間のグループと、不正入学金強奪を計画する。一方、大介も同じ問題で総務課を解雇され、愛人のみどりの後輩の海野と入学金を狙おうと心に決めた。二組の冒険者たちが狙う、現金輸送車が東西大学を出発した。大介たちのグループは運転席に蜂を放し、七億円強奪に成功した。その夜、三人はみどりの人形工房で祝杯を上げた。あまりの嬉しさに、みどりは工房の赤字を埋めるために堂島興業に借りた五千万円を、ソックリ現金で返すと電話をしてしまった。ヤクザの直感で何かを感じた堂島は、工房を若い者に襲わせた。海野とみどりは射殺されたが、大介は幸運にも酔って寝てたために命拾い、しかし、金は奪われてしまった。一足遅れて駆けつけた明とケイに助けられた大介は二人に、海辺にある堂島の別荘を狙おうと誘う。三人は冒険者の絆で結ばれた。三人は、カプセルに入れられて海中に沈められた現金を取り返すが、敵にケイを人質に取られてしまう。救出に冷たい大介を残し、明は現金を持って敵陣に乗り込んだ。しかし、堂島は金を受け取るが、ケイを離さず、明とともに射殺しようとする。そこへ、大介がグライダーで彼らを救出にきた。大立回りの末、二人は脱出する。三人はグライダーの格納庫に戻るが、敵の手が回っており、訪れていた大介の旧友、正平は殺されていた。再び三人は堂島の別荘を急襲した。金庫を破り、再び現金を手にした大介と明はケイの運転するトラックに飛び乗るが、運悪く、ケイが流れ弾に当って倒れてしまった。現金は手にしたが、いいしれぬ寂寥感に包まれる大介と明。そして、配分金をケイの家族に渡すため二人はケイの遺髪を抱いて、彼女の故郷、沖縄に飛んだ。だが、沖縄にケイの家族は誰もいなかった。近くにある島に渡る二人を堂島の一味が襲う。戦いの中、二人は辛うじて海に逃れた……。

「冒険者カミカゼ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「冒険者カミカゼ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1981
公開年月日 1981年11月7日
上映時間 115分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「冒険者カミカゼ」のみんなのレビュー

「冒険者カミカゼ」のレビューを書く

「冒険者カミカゼ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。