無力の王

むりょくのおう
上映日
1981年8月29日

製作国
日本

上映時間
95分

ジャンル
文芸

ここが見どころ

横浜を舞台に、日曜の午後から月曜の朝までの十七時間の間に出会った女子大生と、青年たちの出来事を描く。'80年に設けられた〈ニッポン放送青春文芸賞〉の第一回受賞作の映画化。原作は同賞受賞作、粕谷日出美の「無力の王」と同賞佳作の東像雅紀の「八月は夏の終り」を合せたもので、脚本は「十八歳、海へ」の渡辺千明、監督はこの作品がデビュー作となる石黒健治、撮影は「さらば映画の友よ インディアンサマー」の長谷川元吉がそれぞれ担当。

「無力の王」のストーリー

夏。女子大生の榛子は森林公園のプールで、溺れた若い娘を介抱するバイトの監視員たちと出会った。チーフの元帥、パイと呼ばれる周など数人の青年たちだ。榛子のそばに、チーロという娘がやってきて、聞きもしないのに妊娠していると話す。元帥は仲間から堕し代をカキ集め、チーロに渡した。ウトウト眠っていた榛子を、「そろそろ閉める時間」とパイが起こした。榛子はパイを誘って一流ホテルの豪華な食事をオゴッた。会話のハズむ二人は、次にバーに入った。酔ったパイは大声で榛子と寝たいと叫び、店を追い出されると、不良少年たちにさんざんいためつけられた。介抱する榛子に抱きつくパイ。そこへ、元帥のグループ十人がやって来て、二人は合流、行きつけのスナック「アロハ」に入った。そこへ、チーロから電話が入り、「今、クスリを飲んで死ぬところだ」と言う。元帥がチビを後ろに乗せてバイクで飛び出した。みんなも心当りを探しに出ていった。しばらくして、キーボーがチーロをかかえて帰ってきた。クスリは吐いていた。その時、大きな衝撃音。表に出ると、タンクローリーに接触したバイクと、元帥とチビが死んでいた。昼間、あんなに元気だったのに。東の空が白み始めている。

「無力の王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「無力の王」のスペック

基本情報
ジャンル 文芸
製作国 日本
製作年 1981
公開年月日 1981年8月29日
上映時間 95分
製作会社 ニッポン放送=セントラルフイルム
配給 東映セントラルフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「無力の王」のみんなのレビュー

「無力の王」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません