海賊大将

かいぞくたいしょう
上映日
1965年10月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

リチャード・ヒューズの名作「ジャマイカの烈風」を「サミー南へ行く」のデニス・キャノン、ロナルド・ハーウッド、スタンリー・マンらが共同で脚色、「成功の甘き香り」のアレクサンダー・マッケンドリックが監督した海洋アクション。撮影は「バタシの鬼軍曹」のダグラス・スローカム、音楽はラリー・アドリーが担当した。出演は「その男ゾルバ」のアンソニー・クイン、「卑怯者の勲章」のジェームズ・コバーン、「素晴らしきヒコーキ野郎」のゲルト・フレーベ、「その男ゾルバ」のリラ・ケドロワ(64) 年度アカデミー賞助演女優賞」、「ロード・ジム」のビビアン・ベンチュラほか。製作はジョン・クロイドン。

「海賊大将」のストーリー

1860年代、ジャマイカ周辺を大暴風が襲い、多くの犠牲者を出した。それ以来、島民の恐怖は立ち去らず不吉な迷信が広がった。ここに住む英人ソーントン家では、子供たち、ジョン、エミリー、エドワード、レーチェル、ローラら5人を迷信から避けさせるため、英国で教育をうけさせようとした。子供らはロンドン行きの船にのった。数ヵ月後、船は海賊に襲われた。頭目シャベツ(アンソニー・クイン)、その一の子分ザック(ジェームズ・コバーン)は船長が隠していた金塊を奪った。その後船長は子供を船に残したまま逃げてキューバに上陸、そこの役人に彼の船が海賊に襲われ、子供たちは殺されたと話した。その噂は、海賊たちが本拠にしているローザ(リラ・ケドロワ)の経営する酒場にもひろがり、立ち寄った海賊たちは早々にひきあげねばならなかった。彼らが再び海にでると、カツギヤの海賊たちは縁起をかついで、子供たちを邪魔にしはじめた。子供たちも荒んでいった。ある日、エミリーが脚を負傷し、発熱をともなって重態になった。シャベツは必死で看病したが、そのことで、海賊たちはオランダ船を襲い、船長をエミリーの寝ている寝室にシャベツともども放りこんだ。やがて船長はシャベツの寝ているのを見届けてこっそり手にいれたナイフで自分の縄を切るよう、エミリーに命じた。彼女はおびえきっており、そのこわさから、誤って船長を殺した。その後数カ月たち、捕まった海賊たちの裁判がロンドンで開かれた。証人に呼ばれたエミリーは尋問に耐えきれず、海賊たちが船長を殺したと証言、ために海賊たちは処刑されることになった。

「海賊大将」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海賊大将」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年10月20日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「海賊大将」のみんなのレビュー

「海賊大将」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません