海賊アップルジャック

かいぞくあっぷるじゃっく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作は英国の劇作家ウォルター・ハケット氏の書いた舞台劇「アプルジャック船長」Captain Applejack で、1921年の中ごろロンドンのクライデリオン劇場に初公開されたもの。米国では人気俳優ウォーレス・エディンジャー氏が主役を演じて1921年12月から約1年観ニューヨークのコート劇場で上演され、以来各地で大歓迎をされた当り狂言である。ルイズ・ビー・メイヤー氏が映画化権を購入し、ベス・メレディス女史に脚色せしめ、「三銃士(1921)」「血と砂(1922)」「社交界の誘惑」等と同じくフレッド・ニブロ氏が監督の任に当たった。主役は「ミニー」「ホワイト・タイガー」「夜の馬鹿」等出演のマット・ムーア氏「怒涛の彼方へ」「ロビン・フッド(1922)」等出演のフレッド・ニブロ氏夫人なるエニッド・ベネット嬢、「心なき女性」「虚栄地獄」等出演のバーバラ・ラ・マー嬢で、色敵のロバート・マッキム氏が悪役を演じている。

「海賊アップルジャック」のストーリー

英国旧家に育てられたアムブローズ・アップルジョンは単調な生活に飽き、冒険とロマンスを求めていた。嵐の一夜アンナ・ヴァレスカというロシアの美人がかれの邸にかくまってくれと飛び込んで来た。ボロルスキーという密偵が彼女を取り戻しに来たとき、アムブローズは彼を追い払う。ベンガードと名乗る夫婦者も嵐を割けてこの邸へ来た。夜が更け渡った頃、怪しい人影は邸内を脅かした。アムブローズは壁の中に隠されてあった秘密の図面を発見する。それは彼の祖先なる有名なる海賊アプルジャック船長が隠し置いた宝物の所在を示す図面であった。彼は自分がアプルジャック船長になったと夢みていたが、夢から醒めるとボロルスキー一味及びベンガード夫妻がそれぞれその図面を奪いに来て、邸内縦横無尽の大乱闘と成ったが、ついに悪人は追い払われ、アムヴローズは宝を発見すると同時に、ポッピーの優しい愛をもかち得たのであった。批評ー有名な舞台の喜劇であるが、映画化されたものも真に見事な出来映えである。娯楽として見てこの映画は何処如何なる土地でも喜ばれるであろう。スポード、サスペンスを求める人はこの映画を見るがよい。(ウォールド誌サムナー・スミス)

「海賊アップルジャック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海賊アップルジャック」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 メトロ映画
配給 国際映画社
レイティング

「海賊アップルジャック」のみんなのレビュー

「海賊アップルジャック」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。