青い戦慄

あおいせんりつ
上映日
1956年7月26日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカの探偵作家レイモンド・チャンドラーの書き卸しストーリーによる探偵活劇。監督は「ジャングルの決闘」のジョージ・マーシャル、撮影は「悪魔の島」のライオネル・リンドン、音楽はヴィクター・ヤング。主演は「地獄の埠頭」のアラン・ラッドと「復讐の2連銃」のヴェロニカ・レイク。他に「死の脱獄者」のウィリアム・ベンディックス。

「青い戦慄」のストーリー

召集解除になった海軍飛行士ジョニー(アラン・ラッド)は親友バズ(ウィルアム・ベンディクス)、ジョージ(ヒュー・ボーモント)と3人でロサンジェルスへ戻る。バズは戦傷のため賑やかな音楽の太鼓の音を聞くと頭のうずきで苦しむ。ジョニーは二人と別れ、妻ヘレン(ドス・ドウリング)の許に戻る。だが我家はパーティの最中、妻はハーウッド(ハワード・ダ・シルヴァ)の腕に抱かれている。彼はナイトクラブ“青いダリア”の持主で評判のよくない人間。ジョニーは妻と二人になってから、愛児の死は酒を飲んで遊び暮らしている妻の責任だと彼女を責める。ヘレンは却って反抗の態度を示し、彼は夜の街に出て行く。ヘレンは夫の戦友の帰還を知り、二人のホテルにジョニーの家出を知らせる。バズはジョージに何も知らせず、ジョニー夫婦の仲をまとめようと出て行く。ヘレンは不在でバズがバーで酒を飲んでいると一人の女にさそわれる。女はヘレンなのだが何も知らぬバズは承諾し女のアパートを訪れる。数刻後、女中が射殺されているヘレンを発見、アパートの探偵“おやじ”のニュウエルは警察に通知。その頃ジョニーは雨の街でブロンド娘ジョイス(ヴェロニカ・レイク)の自動車に乗せてもらう。彼女も彼と同じくあてのない心境で二人は急速に親しくなる。ジョイスは彼とロサンジェルス郊外で別れる。翌朝、再びジョイスと顔を合わせたジョニーは妻の殺害と自分が容疑者になっていること知る。バズも共犯の疑いである。ジョニーは一目を避けてロサンジェルスに戻り犯人捜索に努力。だが何物かジョニーの生命を狙っているらしく奇怪な事件が次々と起こる。ハーウッドも警察で訊問を受けたが証拠不十分で釈放。ジョニーは彼が怪しいと睨み、そのアパートに乗り込む。そこにハーウッドと別居中の妻ジョイスが入ってくる。ハーウッドは子分にジョニーを捕えさせ秘密の小屋に連れて行った。ジョニーは手ひどく痛めつけられたが俄然逆襲に出る。子分達は倒されハーウッドも死ぬ。しかし刑事部長ヘンドリクスンの活躍で意外な真犯人があげられ、バズも無実が判りジョニーとジョイスは結ばれる。

「青い戦慄」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青い戦慄」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1946
公開年月日 1956年7月26日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「青い戦慄」のみんなのレビュー

「青い戦慄」のレビューを書く

「青い戦慄」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。