青い恋人たち

あおいこいびとたち
上映日
1983年5月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

エーゲ海に浮かぶサントリー二島に休暇を過しにやって来たアメリカ人カップルとフランス娘の奇妙な三角関係を描くドラマ。マイク・モーダーがフィルムウェイズ(現在はオライオンに吸収合併されている)のために製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョエル・ディーン。「青い珊瑚礁」のランダル・クレイザーが監督・脚本、バジル・ボールドゥリスが音楽を担当。撮影はティモシー・ギャルファス。全編にティナ・ターナー、シカゴ、エルトン・ジョンらの音楽が流れる。サントリーニの他、デロス、ミコノス、クレタ島で撮影された。出演はピーター・ギャラガー、ダリル・ハンナ、ヴァレリー・クィネッセン、バーバラ・ラッシュなど。

「青い恋人たち」のストーリー

エーゲ海キクラデス諸島の最南端に位置するサントリーニ島は今、夏。世界中から若者たちが集まってきている。アメリカから来たマイケル(ピーター・ギャラガー)とキャシー(ダリル・ハンナ)は、つき合い始めて5年たち、最近はちょっとダレ気味といったカップルである。2人は海を眼下に見おろす白亜の家を借りる。マイケルは双眼鏡であたりを見ているうちに、浜辺で見かけた不思議なムードを漂わすフランス娘の姿を発見。翌日、買い物に出かけたマイケルは、あのフランス娘に会う。彼女はリナ(ヴァレリー・クィネッセン)といい、なにかと問いかけるマイケルに「質問はきらいよ」と一言言い切る。2人は洞窟にゆき、キスをする。。マイケルは、キャシーに他に好きな人が出来たと告白する。怒ったキャシーは町へ出かけ、ヤンに誘われるままに、彼の部屋へ行くが、抱かれる寸前に逃げ出す。その頃、マイケルとリナは愛し合っていた。翌日、キャシーはリナの家へゆく。彼女に、リナはマイケルを奪うつもりはないという。リナは妻子ある男との恋に破れ、今はサントリーニ島で遺跡発掘調査隊に参加しているのだと話す。次の日、キャシーはマイケルをリナの仕事場につれてゆく。キャシーは得意のカメラでリナの仕事に協力することになった。やがて、リナが2人の家へ引っ越して来て、3人の共同生活が始まり、マイケルはキャシーとリナを平等に愛しあう。そのうち、キャシーの母ジーン(バーバラ・ラッシュ)が友人のバーバラと前触れもなくサントリーニ島にやってきた。。3人の生活を自分の目で見て驚く母。リナの心にある種の不安がしのび込む。3人のフリーな関係が逆に束縛に思えてきたのだ。リナの姿が家からきえた。マイケルらはリナを探し求めるが、見つからない。休暇はあと一週間残っているが、マイケルとキャシーは帰国することにした。2人が家を出たとも知らずにリナがやって来る。彼女は2人を追って飛行場にモペットで急ぐ。飛行機に乗り込む寸前だった2人は彼女の姿をみて笑みを浮かべ、帰国は取り止め。3人は再び海辺でたわむれる。

「青い恋人たち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青い恋人たち」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1983年5月21日
製作会社 ランダル・クレイザー・プロ作品
配給 ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「青い恋人たち」のみんなのレビュー

「青い恋人たち」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。