海港の娘

かいこうのむすめ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「夢想の犯罪」「ギャング・ワー」と同じくバート・グレノン氏監督作品で、「嵐に咲く花」「恋の下町涙雨」のサリー・オニール嬢が主演を演ずる。ジョン・ラッセル氏の原作を「沈黙(1926)」「村の医者」のビューラー・マリー・ディックス女史が脚色し台詞を付した。助演者は「闇を行く」「リンダ」のミッチェル・ルイス氏、聲画初出演の英国舞台俳優レジナルド・シャーランド氏、「戦艦くろかね號」のデューク・カハナモク氏、ドナルド・マッケンジー氏等で、キャメラは「ストリート・ガール」のレオ・トーヴァー氏がクランクした。

「海港の娘」のストーリー

南洋フィジーのスヴァでレヴュー・ガールのジョヂーは職に離れて困っていると原住民のカリタが親切に世話をして、白人が経営しているバーの女給となった。バーで彼女は英国の貴族で欧州大戦のために恐火症に罹っている飲んだくれのジムと知合いとなり、どうにかして彼を真人間にしてやり度いと思うようになる。それを見て嫉妬の炎を燃やしたのが白人を装っているハーフのマックエウェンで、或日のこと彼はジムと争いを始めた。ジムに「混血児」と罵られて激怒したマックが暴れ出してランプを壊すと火を見て怖れたジムは逃げ出してしまった。ジョシーはジムのあとを追って行ってジムが真実決して卑怯者ではないことを知り、彼を自分の部屋に匿まってやった。2人は恋し合う仲となり、ジムは酒を断って甦生した。ジョシーを是が非でも我がものにしようと思ったマックはジムをベンガ島におびき出して幽囚してしまった。彼はジムを火で苦しめて狂者にしてやる心算であった。ジョシーはジムを案じてマックの妾になると約束してベンガ島へ来た。ベンガ島の原住民の火の祭の夜、マックはジムを狂信者達と一緒に火中を歩かせた。今は元の立派な人間になっているジムは勇敢に焔を潜り抜けた。そしてマックをこらしめた。かくてジョシーは英国貴族令夫人として英国へ帰ることが出来たのである。

「海港の娘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海港の娘」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 R・K・O映画
配給 東西映画社輸入
レイティング

「海港の娘」のみんなのレビュー

「海港の娘」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません