快傑義涙

かいけつぎるい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

レディース・ホーム・ジャーナル誌に連載されたゼーン・グレイ氏作の西部小説を映画化したもので、ジョージ・C・ハル氏が脚色し「西部魂(1926)」と同じくジョン・ウォーターズ氏が監督した。主役は「西部魂(1926)」「海馬」等主演のジャック・ホルト氏が演じ、相手役は「西部魂(1926)」「イスラエルの月」等出演のアルレット・マルシェル嬢で、「西部魂(1926)」「弥次喜多従軍記」等出演のレイモンド・ハットン氏を始め、エドモンド・パーンズ氏、トム・サンチ氏、ジョセフ・W・ジラード氏等が助演してる。

「快傑義涙」のストーリー

異名をネヴァダと呼ばれているジャック・スタンリーは世を忍び人の目を逃れて生活せねばならぬ男だったが、任来の気概高く男の中の男であった。彼は役人に追われて逃げる途中の男であった。彼は役人に追われて逃げる途中同僚のビル・ホールに裏切られ進退に窮したが、ベン・アイドという若者に救われた。そしたベンの恋人イナと近づきになった。イナがネヴァダの男らしさに娘心を燃やす様になった時、自分の過去を恥じ且つはベンの胸中を察するネヴァダは寂しく恋を諦め、イナの心をも敢えて受けなかった。心重く我が家への路を辿るイナを無法にも捕らえたのは山賊の首領となっているビル・ホールだった。ビルは表面を正直な農民の如く装っている大親分のレス・セッターと気脈を通しセッターのためにイナを拐かしたのであった。ネヴァダはイナの危急を聞いて山砦を襲った。山砦ではイナを奪い合って争ったビルはレスに殺された。ネヴァダは強敵レスを倒したが山賊共は親分の仇とネヴァダを殺そうとした。折柄イナの父やベンが多勢の人々と共に駆けつけ山賊共と激しい小銃戦の火蓋を切った。ネヴァダは逸早くイナを助けて山上に逃れた。しかし村人たちはネヴァダを山賊の巨魁と信じイナを誘拐するものと誤解していたので彼を包囲した。そしてベンが放った一弾は彼を倒した。けれどもすべての事情が明らかとなった時人々は山賊退治の功によってネヴァダの過去の罪を許し傷癒えて後彼は愛するイナと幸福な生活に入ることが出来た。

「快傑義涙」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「快傑義涙」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「快傑義涙」のみんなのレビュー

「快傑義涙」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/9

木梨憲武(1962)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライダーたちが時空を超えて戦いを繰り広げる特撮TV『仮面ライダージオウ』の劇場版。50年後に自分が世界を支配する魔王オーマジオウとなることを知った常磐ソウゴ。ついにその時がきたが、歴史の管理者クォーツァーが現れ、王誕生に隠された陰謀が明らかになる。奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣に加え、ダンス&ボーカルグループのDA PUMP、「旅猫リポート」の前野朋哉、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英らがゲストキャストとして参加。同時上映は「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」。

いぬやしき

「GANTZ」の佐藤信介監督が、同作の原作者・奥浩哉の漫画を木梨憲武×佐藤健主演で実写化。謎の事故に巻き込まれ、超人的な能力を得た初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。犬屋敷は人を助けることに奔走する一方、獅子神は悪事に手を染めていき……。共演は「鋼の錬金術師」の本郷奏多、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、「グッモーエビアン!」の三吉彩花、「もういちど」の福崎那由他、「愚行録」の濱田マリ、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「新宿スワン」シリーズの伊勢谷友介。脚本を「映画 ビリギャル」の橋本裕志、音楽を「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のやまだ豊が務める。
千葉雄大(1989)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー「スマホを落としただけなのに」の続編。連続殺人事件から数ヶ月後、同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷は先の事件で逮捕した浦野に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田秀夫がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉雄大、連続殺人鬼・浦野役の成田凌が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を乃木坂46の白石麻衣が演じる。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

NEW今日命日の映画人 3/9

該当する人物がいません