海軍士官候補生(1925)

かいぐんしかんこうほせい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アラブ」「愛人の誓」等と同じくラモン・ノヴァロ氏主演映画で、ケーリー・ウィルソン氏が執筆した物語をマツグルウ・ウイリス氏が脚色し「廻り会う迄」「画家の妻」「島の娘」等と同じくクリスティー・キャバンヌ氏が監督したものである。相手役は「愛の黒眼鏡」出演のハリエット・ハモンド嬢で、ウェズリー・バリー君、クロフォード・ケント氏、マーガレット・セドン嬢、キャスリーン・キイ嬢、ウィリアム・ボイド氏等が助演している。

「海軍士官候補生(1925)」のストーリー

護国の鬼となった亡き父の遺鉢を継いでジェームズ・ランドールはアンナポリスの海軍兵学校に入学した。そして新入生時代に付き物の憂き目辛き目に遭ったが、中にも彼が思慮なくテックスという上級生を怒らせたことは彼にとっては不祥事に相違なかった。彼が2年に進級した時彼はテッド・ローレンスという新入生と親友になった。それから2年後の始業式の日にテッドの姉パトリシアが伯母や許婚者のベージル・コートニーとともに参観に来た。ランドールは彼女にいたくも心を惹かれた。その時ランドールの代わりに用足しに出掛けたテッドはランドールと間違えられ不良性の爪磨き女リタの家に引きずり込まれ無理矢理に5000ドルの小切手にランドールの署名をさせられた。委細を聞いたランドールは直ちに小切手を取り返しに行ったが、リタの同類の悪漢のために腕に傷つけられた。それがため翌日のボートレースには参加不可能となったが、彼はおびただしい出血をも意とせず非常にパトリシアを感激させ、彼女は遂にベージルとの婚約を破棄した。ベージルはリタと恋に落ちリタに含めて再びテッドを誘惑せしめた。しかも今度は兵学校内であったためその日の当番士官だったランドールはテッドを処罰せねばならなかった。今はランドールの味方となったテックスの証言によってランドールは張本人がベージルであることを知った。そして彼のために誘拐された、パトリシアを救うべく追跡した。駆ればベージルのヨットに乗り込んだが大勢の船員たちのために水中に投げ込まれた。岸に泳ぎ着いたランドールは校長に願って4隻の駆遂艦を出動させて貰い首尾よくパトリシアを救った。卒業の日彼女はランドールと婚約を結んだ。

「海軍士官候補生(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海軍士官候補生(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 メトロ・ゴールドウイン映画
配給 ヤマニ洋行
レイティング

「海軍士官候補生(1925)」のみんなのレビュー

「海軍士官候補生(1925)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません