カルネ

かるね Carne
上映日
1994年8月6日

製作国
フランス

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

フランスで公開されるや若者たちを熱狂させ、ナイト・ムービーとしてロングラン・ヒットを記録したカルト映画。近親相姦を思わせる父と娘の異様で残酷な関係を、フェティシズムとブラックユーモア、リリシズムに満ちた退廃的な映像と大胆で挑発的なモンタージュで綴っている。監督・脚本は63年生まれの新鋭ギャスパー・ノエ。製作・編集はリシャール・アジアリロヴィック、録音はオリヴィエ・ル・ヴァコン。不気味な血の色を基調にした撮影(コリン・カラー)はドミニク・コリン。出演はフィリップ・ナオン、ブランディーヌ・ルノワール、フランキー・パン、エレーヌ・テステュら。91年カンヌ国際映画祭・国際批評家週間賞をはじめ数々の賞を受賞。本作に心酔したアニエスb.のプロデュースで、現在続編というべきCarne Integraleが製作中。

みんなのレビュー

「カルネ」のレビューを書く

「カルネ」のストーリー

冒頭、「注意!感受性を傷つける危険な部分があります」とテロップが出る。パリ郊外の馬の肉を売る店に女の子が生まれたが、母親は彼女を父親(フィリップ・ナオン)に委ねて失踪した。年月が経って少女は成長していくが沈黙の殻に閉じこもったきりで、生まれてから一度も口をきいたことがない。ハーシェル・ゴードン・ルイスのスプラッター映画とメキシコの覆面レスラーの活劇映画、そして彼女を喜ばすために父親が与えた揺り木馬に乗ることだけが楽しみだった。少女(ブランディーヌ・ルノワール)が13歳になりかける頃、彼女の体は女らしい変化を見せ、父親は戸惑いを覚える。そんな時、初潮を迎えてスカートを汚した娘を見た父は強姦されたと思い込み、彼女にいたずらしようとした浮浪者の口に肉切り包丁を突き刺す。投獄された父親は、療養所に入れられた娘に手紙を書く。刑期を終えた父親は、店をはじめ何もかも失っていた。彼はバーのウェイターの職につき、店のマダム(フランキー・パン)の愛人となる。豊満なマダムとの満たされぬ怠惰な日々は続く。やがてマダムは妊娠し、彼は新しい人生をやり直そうという彼女の申し出を受け入れる。療養所を訪ねた父親は娘に別れを告げた。娘は一言も口をきかない。翌朝、彼とマダムは車でパリを後にする。

「カルネ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カルネ」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス
製作年 1991
公開年月日 1994年8月6日
製作会社 ド・シネマ・ラ・ゾーヌ
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「カルネ」のみんなのレビュー

「カルネ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません