カーリー・スー

かーりーすー
上映日
1991年12月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

その日暮らしの気ままな人生を送る9歳の少女とその保護者が、偶然出会った女弁護士と心の絆を深めていくコメディ・ドラマ。監督、製作、脚本は、「ホーム・アローン」の脚本を努めたジョン・ヒューズ。製作総指揮は「フェリスはある朝突然に」で音楽監督を手掛けたターキン・ゴッチ。撮影は「トップガン」「ビバリーヒルズ・コップ」「ジェイコブ・スラダー」などのジェフリー・L・キンボール。美術は「愛がこわれるとき」のダグ・クレイナー。衣装は「フラッシュダンス」のマイケル・キャプラン。

みんなのレビュー

「カーリー・スー」のストーリー

9歳の孤児、カーリー・スー(アリサン・ポーター)は、保護者のビル・ダンサー(ジェームズ・ベルーシ)と共に町から町へ、流れ者のような生活をしていた。今回やってきたのは冬のシカゴ。大都会の人の波の中、さっそく二人は当たり屋でひと儲けしようと企んだ。標的は、女弁護士として確固たる地位を築いてきたグレイ・アリソン(ケリー・リンチ)。彼女はまんまとビルたちのサギにひっかかり、夕食をごちそうするハメになった。ところが数日後、ビルは本当に交通事故に遭ってしまった。偶然にも車に乗っていたのはグレイで、気を失ったビルはとりあえずグレイのマンションに運び込まれた。こうして奇妙な居候を招かざるを得なくなったグレイだったが、いつしかかわいいカーリー・スーに心惹かれていった。しかし、グレイの恋人ウォーカー(ジョン・ゲッツ)は、スーとビルの存在に腹を立て、スーが虐待を受けていると警察に密告した。ビルが逮捕され、スーが施設へ引き取られた時、グレイは初めて二人が自分にとって必要な存在であることを確認した。グレイはビルを釈放させ、スーを正式に引き取ることにした。スーは、新しい保護者ができたためにビルが去っていってしまうのではないかと不安になったが、もちろんビルは彼女を待っていて三人は家族として新たな人生をスタートさせることになり、スーも学校に通い始めるのだった。

「カーリー・スー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カーリー・スー」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年12月14日
製作会社 ワーナー・ブラザース作品
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「カーリー・スー」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「カーリー・スー」を観ているあなたにおすすめの映画