カーツーム

かーつーむ Khartoum
上映日
1966年10月28日

製作国
アメリカ

上映時間
134分

ジャンル
伝記

ここが見どころ

ロバート・アードリーのオリジナル・シナリオを、「潜行」のバジル・ディアデンが監督したチャールス・ゴードン将軍の伝記もの。撮影はエドワード・スケイフとハリー・ワックスマン、音楽はフランク・コーデルが担当した。なおアクション監督に「ベン・ハー(1959)」の戦車競争シーンで名をあげた名スタントマン、ヤキマ・カナット、特殊効果をジョン・ハウエルが担当した。出演は「華麗なる激情」のチャールトン・ヘストン、「オセロ」のローレンス・オリヴィエ、「モール・フランダースの愛の冒険」のリチャード・ジョンソンほか。製作はジュリアン・ブロースタイン。

「カーツーム」のストーリー

1883年、スーダンでイギリスの将軍と彼に従う1万のエジプト人が殺された。殺戮者の名はマーディ(ローレンス・オリビエ)。狂信的な回教徒のリーダーで、民族の自由の名のもとに、反乱を起こしている男である。当時、スーダンを支配していたのはエジプト、そのエジプトを統治していたのはイギリスである。困惑したイギリス首相グラッドストンは、穏便に解決するため、ゴードン将軍(チャールトン・ヘストン)に白羽の矢をむけた。彼は過去6年スーダンに住み、奴れい売買の撤廃に尽力した国民的英雄であり、かつて中国でも内乱鎮圧に目ざましい才腕をみせた男である。そして彼の補佐役としてスチュワート大佐(リチャード・ジョンソン)が選ばれた。任地到着そうそう、ゴードンはマーディと会見したが、和解の糸はみつからなかったばかりか、マーディの殺戮は、ますます激しくなった。首都カーツームを死守しようとするゴードンのやり方に不満を抱く者もでてきた。しかし、ゴードンの人間味を理解しはじめたスチュワートは首相を説得、ウォルスリー将軍と7000の兵士がカーツームへ派遣されることになった。だが彼らの目的が、ゴードンの救出にあって、カーツーム防衛でないことを知ったスチュワートは、彼に撤退を請願した。しかしゴードンは、町の人たちを一刻も早く安全地帯へ退去させるよう、命令し自分はとどまった。しかし一行はマーディの奇襲作戦に会い消息を断った。カーツームは死都と化した。その頃、ゴードンとマーディは2度目の会見をした。この時、両雄の間には、敵意の代わりに、英雄のみが持つ不思議な共感が交流した。勝利を確信しているマーディは、ゴードンに退去を勧めたが無駄だった。交渉は決裂。マーディの総攻撃が再開された。飢えに苦しむ部下を率いて、先頭にたったゴードンの胸に、「彼を殺すな!」というマーディの命令もむなしく、矢が飛んできて、彼は群衆の中に倒れた。2日後、ウォルスリーの1隊が到着し、カーツームは再びイギリスの手に帰った。孤独な英雄ゴードンの銅像は、今もカーツームに生きている。

「カーツーム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カーツーム」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966年10月28日
上映時間 134分
製作会社 ジュリアン・プロウステイン・プロ
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネラマ(1:2.59)
カラー/サイズ カラー
音量 6chステレオ

「カーツーム」のみんなのレビュー

「カーツーム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。