女の香り(1968)

おんなのかおり
上映日
1969年4月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ロバート・トムとエドワード・デブラシオ共作の舞台劇を「エヴァの匂い」のヒューゴー・バトラーがジーン・ルーヴェロルと一緒に脚色、「特攻大作戦」のロバート・アルドリッチが製作・監督にあたったハリウッドを舞台にした愛憎のドラマ。撮影は「トニー・ローム殺しの追跡」のジョセフ・バイロック、音楽は「特効大作戦」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「モール・フランダースの愛の冒険」のキム・ノヴァク「遥か群衆を離れて」のピーター・フィンチ、「北極の基地・潜航大作戦」のアーネスト・ボーグナインほか。
ロバート・トムとエドワード・デブラシオ共作の舞台劇を「エヴァの匂い」のヒューゴー・バトラーがジーン・ルーヴェロルと一緒に脚色、「特攻大作戦」のロバート・アルドリッチが製作・監督にあたったハリウッドを舞台にした愛憎のドラマ。撮影は「トニー・ローム殺しの追跡」のジョセフ・バイロック、音楽は「特効大作戦」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「モール・フランダースの愛の冒険」のキム・ノヴァク「遥か群衆を離れて」のピーター・フィンチ、「北極の基地・潜航大作戦」のアーネスト・ボーグナインほか。

「女の香り(1968)」のストーリー

かつてハリウッドに、魅惑の女王として一世を風靡したライラ・クレアー(キム・ノヴァク)というスターがいた。彼女が死んで20年後、彼女を発見し、育てたプロデューサーのバートは、自己の生涯の記念にと、彼女の悲劇のスター生活を映画化しようと思いたった。そして、ライラ・クレアーの映画を撮り続け結婚までした監督のザーカンを、ひっぱり出した。彼はライラの死とともに仕事を断った男。やがて、ライラ・クレアーに扮する、ヒロイン女優が決定した。エルザ(キム・ノヴァク=2役)という無名の新人。だがエルザは体つきは無論のこと、話し方から動作まで、ライラそのものだった。ザーカン監督は、この新人女優の出現に驚き、そして次第に打ちこんでいった。しかし、この様子に危険なものを感じた人物がいる。かつてライラの台詞のコーチであり、今はザーカン監督の家に住みついている家政婦のロッセラである。やがてエルザは、ザーカンとロッセラが死んだライラをはさんで、異常で複雑な愛情関係にあったことを知った。また、ロッセラが、ライラの寝室を死んだ日のままに保存していることも。そして、ライラの死に関しても、ロッセラとザーカンの話は違う。ただひとつ、結婚の夜にライラは死んだ、ということを除いて。ライラは階段から落ちて死んだ。だがロッセラは、その時ライラはファンの青年と争っていたからだといい、ザーカンは、結婚式の夜なのに、ライラが男装の美少女と、たわむれていたからだと。その美少女を、男だと思ったザーカンは階段の上からつき落とした。下をのぞき込んだライラ。ザーカンが引きとめようとするのに、彼女はその手をふり払った。そしてライラは死んだのだ、とザーカンは語る。一方、映画撮影の方は順調に進み、ライラの死の瞬間を描くラスト・シーンとなった。その頃、ザーカンはかつてのライラの身代わりであるかのようにエルザと関係を結んでいた。だが、エルザには耐えられない。ほかの男との情事を重ね、ザーカンの憎しみの矢は、ライラの演ずるエルザへと向けられる。ライラの死の瞬間は空中ブランコから落ちるという演技の真最中、ザーカン監督は「下を見ろ!」と強要。その声を聞いた時エルザはライラの死の真実を知った。ライラが結婚の夜、少女を連れこんで彼を恥かしめたことに、ザーカンが復讐したのだ。エルザは落ち、ザーカンの腕の中で死んでいった。数ヵ月後のプレミアの夜。人々の感動と賛辞をよそに、ロッセラはひとりピストルに弾をこめ、ザーカンの帰りを静かに待っていた。

「女の香り(1968)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女の香り(1968)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1969年4月12日
製作会社 アソシエイツ&アルドリッチ・プロ
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ カラー

「女の香り(1968)」のみんなのレビュー

「女の香り(1968)」のレビューを書く

「女の香り(1968)」をBlu-ray/DVDで観る