女の一生(1929)

おんなのいっしょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暗黒街」「最後の命令」「非常線(1928)」「ニューヨークの波止場」をものしたヨゼフ・フォン・スタンバーク氏の監督作品でサミュエル・オルニッツ氏の小説を「非常線(1928)」「ニューヨークの波止場」のジュールス・ファースマン氏が脚色した。出演俳優は「モダン十戒」「姿は偽らず」「魔の家(1928)」主演のエスター・ラルストン嬢、「艦隊入港」「金髪騒動」「四人の息子(1928)」のジェームズ・ホール氏、「雀」「バラウー」のグスタフ・フォン・セイフェルディッツ氏を始め、フレッド・コーラー氏、エミリーフィッツローイ嬢、ローレンス・グラント氏等で、キャメラは「アビーの白薔薇」「ニューヨークの波止場」のハロルド・ロッソン氏が担任している。

「女の一生(1929)」のストーリー

ハンガリーの片田舎の百姓娘レナは農夫ステファンと結婚する直前、友達と一緒にウィーンの都へ遊びに行って図らずもフランツという若い将校と恋に陥ち秘密に結婚して男の子を生んだが、良人は階級を重んずる軍人でありかつ舅はウィーン市の風教局長を勤める人間なので、レナは良人の両親の家で下女奉公をして日蔭者の生活を送るよりほかはなかった。こうした生活が4年の間続いた。レナは昼間の劇しい労働がすむと毎夜秘かに人に預けた吾子を訪ねていたが、子供が4つになった時彼女に隠し子があることが主人に知れ、レナは主家を放遂され子供は育児院に収容された。これは風教局長が、道徳的にも財政的にもレナには養育の資格無しとの理由でとった処置で、レナは子供を取戻すためには1000クローネンの金を積んで子供の将来を保証しなければならないのだった。この時ウィーンに出て来た農夫のステファンは稼ぎ蓄めた700クローネンの金をレナに貸与えた。レナは良人に残り300クローネンを貰いに行ったが、彼は却ってその700クローネンを賭博に費して1文余さず負けて了い、この責を負ってレナの面前で自殺を遂げた。レナはこの事件のために法廷に立った。そして良人の父の峻厳な取調べによって止むなく良人との約束に背って事実を述べた。するとこの事実が世間に漏れないようにレナは獄に送られた。彼女は脱獄して育児院から我が子を連れ出しステファンのところへ逃げた。そして700クローネンのかたにレナはステファンの妻となった。かくて15年の歳月が流れた。欧州大戦は勃発した。あらゆるものと闘い、あらゆる屈辱に耐えてレナが心血を注いで育てた愛し子は戦線へ送られるのだった。

「女の一生(1929)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女の一生(1929)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「女の一生(1929)」のみんなのレビュー

「女の一生(1929)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません