アウト・コールド

あうとこーるど
上映日
1990年6月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

殺人を犯してしまったと早とちりした男が死体を隠すために奔走するブラック・コメディー。監督はマルコム・モーブレイ。製作はジョージ・ブラウンスタイン、ロン・ハマディ。エグゼクティブ・プロデューサーはジョン・デリーとデレク・ギブソン。脚本はジョージ・マルコ、レオナード・グラッサー。撮影はトニー・ピアース=ロバーツ。音楽はミシェル・コロンビエ。編集はデニス・M・ヒル。美術はリンダ・パール。主演は「ハリーとヘンダソン一家」のジョン・リスゴー。共演はテリー・ガー、「処刑ライダー」のランディ・クエイド。

「アウト・コールド」のストーリー

お人よしのデイヴ(ジョン・リスゴー)は、冷凍室の中で凍っていた精肉屋の共同経営者アーニーを発見して、自分が殺したのと勘違いした。実は犯人はアーニーの妻サニー(テリー・ガー)だったが、彼女はいい機会だと思ったのでデイヴを利用することにした。死体を始末するために山奥のホテルへ行く二人。私立探偵のレスター(ランディ・クエイド)がそれを尾行していた。彼は生前のアーニーに雇われていて、サニーの素行を調べて別れられる口実ができるかどうか探るよう依頼されていた。レスターは死体を発見してしまいサニーに射殺される。サニーとデイヴはまたしても死体の処理に苦労するが、何とか始末した。ところが今度は店の権利を巡ってサニーとデイヴが対立、デイヴは冷凍室に閉じ込められそうになった。彼は裏をかいて無事脱出し、サニーの家の地下室にレスターの死体を放置するのだった。

「アウト・コールド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アウト・コールド」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年6月23日
製作会社 ブラウンスタイン=ハマディー・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アウト・コールド」のみんなのレビュー

「アウト・コールド」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「アウト・コールド」を観ているあなたにおすすめの映画