女と女と女たち

おんなとおんなとおんなたち
上映日
1968年5月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「華やかな魔女たち」(第1話・第5話)のチェザーレ・ザヴァッティーニの脚本を、同じく「華やかな魔女たち」(第5話)のヴィットリオ・デ・シーカが監督した7人の女性をめぐるオムニバス・ドラマ。撮影は「大盗賊」のクリスチャン・マトラ、音楽は「世界残酷物語」のリズ・オルトラーニが担当した。出演は「泥棒貴族」のシャーリー・マクレーンに、ピーター・セラーズ、ロッサノ・ブラッツィ、ヴィットリオ・ガスマン、レックス・バーカー、パトリック・ワイマーク、アラン・アーキン、マイケル・ケインらがからむ。製作はアーサー・コーン。

「女と女と女たち」のストーリー

(第1話・葬列)亡夫の葬式の日、未亡人(シャーリー・マックレーン)に会葬者の1人ジャン(ピーター・セラーズ)が愛を告白した。すると未亡人は葬列を離れ、彼と一緒に立ち去って行った。(第2話・ポン引き)話旅行から帰った妻(シャーリー・マックレーン)は夫ジョルジオ(ロッサノ・ブラッツィ)の情事を見てしまった。その腹いせにポン引きを家に連れ込んだ。怒った夫は、ポン引きを殴ろうとしたが逆に倒されてしまい、妻は夫の介抱をするはめになった。(第3話・豹変)学術会議に出席したイタリア人チェンチ(ヴィットリオ・ガスマン)と、もう1人のスコットランド人が美人通訳(シャーリー・マックレーン)に魅了され、張り合った。しかし彼女は、自分の恋人の話をして、2人の男をせせら笑うばかり。やがて2人の男は、彼女のことで本気になってけんかを始めた。それを見ているうちに、彼女は急に、2人に好感を持つようになった。(第4話・スーパー・シモーヌ)小説家リック(レックス・バーカー)の妻(シャーリー・マックレーン)は、夫に顧みられなくなり淋しい思いをしている。そこで一計をはかり、夫が書いている小説"スーパー・シモーヌ"のヒロインの真似をして、男性キラーのグラマーぶりを発揮し出した。驚いた夫は精神病医を呼ぶのだった。(第5話・時限爆弾)パリ社交界の花型マダム(シャーリー・マックレーン)はオペラの初日にライバルが自分と同じドレスで現れることを耳に入れた。そこで、夫アンリ(パトリック・ワイマーク)と相談の上、ライバルの車に時限爆弾を仕かけた。しかしライバルは、ぼろぼろになってはしまったが、結局、彼女と同じドレスで現れた。(第6話・心中)世をはかなみ心中することにした若い女(シャーリー・マックレーン)とフレッド(アラン・アーキン)が、安ホテルへやって来た。女が化粧室に入った時、フレッドは急に命が惜しくなった。そして逃げ出す決心をしたが、その時すでに、女は、先に逃げ去っていた。(第7話・雪の日)ブロンドの若夫人(シャーリー・マックレーン)とブルネットの若夫人が雪の街を歩いていた。すると若い男(マイケル・ケイン)が後をつけてくる。彼の目的はブロンドの方だった。彼女は内心得意だったが、秘密めかしく、夫には、このことを内証にしておいた。しかし、男から電話がかかり、夫が出てしまったので、この小さなアバンチュールも、あえなく幕となった。

「女と女と女たち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女と女と女たち」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968年5月17日
製作会社 エンバシー・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「女と女と女たち」のみんなのレビュー

「女と女と女たち」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません


「女と女と女たち」を観ているあなたにおすすめの映画