女知事閣下

おんなちじかっか
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ハイアット・ダーブ氏とウィード・ディッキンソン氏との合作物語をドリス・アンダーソン女史が脚色し、「三千度高熱男」「六人の嫌疑者」等と同じくチャット・ワイゼー氏が監督したもので、主役は「燃ゆる情炎」「三人の女」「マダムX」等出演のポーリン・フレデリック嬢が演じ、トム・サンチ氏、ポリス・カルロフ氏、スタントン・ヘック氏、キャロル・ナイ氏等が助演している。

「女知事閣下」のストーリー

女知事アディール・フェンウェイは息子のボップとその許嫁マリアン・リーとを行く末の楽しみに平和に暮らしていた。しかるに政界の大立者ジム・ドートンは彼の投機事業に女知事の援助を求めたが体よく拒絶されたので、遺恨に思い復讐を誓った。ドーントンは彼女を陥し入れんとして手下のブレイクを使って、スナイプ・コリンスという悪人を探し出し、スナイプから女知事攻撃材料を得た。彼によると女知事の亡夫は彼女と結婚する前にある女と結婚していて離婚手続きをしないでアディールと結婚したので、アディールは正妻ではないというのだった。しかし実際はコリンスが証拠の離婚記録を盗んだのだった。ボップは母が罵倒されたと聞いて怒りドーントンに謝罪させんとした。しかし手下のブレイクに妨げられ、ブレイクと格闘を始めた。一方スナイプはドーントンの報酬が少ないので女知事へ例の離婚記録を売ろうと電話をかけた。それをボップに投げ飛ばされたブレイクが妨げんとするとスナイプは拳銃を突き付けた。その時ブレイクが、スナイプ俺を殺す心算かと叫んだのを、知事邸の家僕が受話器で聞いた。ボップは殺人犯として捕縛され、裁判の結果は彼にとって不利だった。女知事は職権を以て我が子を救おうとしたが、無効だったのみでなくドーントン一味に彼女を弾劾する口実となしてしまった。女知事は老友パーマーの救いを求めた。そして高飛びせんとするスナイプを捕らえブレイク殺しの真相を白状させた。アディールは知事の職を辞し、青天白日の身となったボップと新妻マリアンとの楽しい生活を眺めて安心した。そして長い間彼女を愛しつづけて来たパーマーと結婚した。

「女知事閣下」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女知事閣下」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 エフ・ビー・オー映画
配給 東西映画社
レイティング

「女知事閣下」のみんなのレビュー

「女知事閣下」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。