ウェンディの見る夢は

うぇんでぃのみるゆめは Wendy Cracked a Walnut
上映日
1991年2月22日

製作国
オーストラリア

ジャンル
ラブロマンス コメディ

ここが見どころ

ロマンス小説の世界に憧れる平凡な主婦に訪れるつかの間の夢物語を描くロマンチック・コメディ。製作はジョン・エドワーズ、監督は「グランドゼロ」のマイケル・パティンソン、脚本はスザンヌ・ホウリー、撮影はジェフリー・メイルーフ、音楽はブルース・スミートンが担当。出演はロザンナ・アークェット、ブルース・スペンスほか。
ロマンス小説の世界に憧れる平凡な主婦に訪れるつかの間の夢物語を描くロマンチック・コメディ。製作はジョン・エドワーズ、監督は「グランドゼロ」のマイケル・パティンソン、脚本はスザンヌ・ホウリー、撮影はジェフリー・メイルーフ、音楽はブルース・スミートンが担当。出演はロザンナ・アークェット、ブルース・スペンスほか。

「ウェンディの見る夢は」のストーリー

ロマンス小説に夢中の平凡な主婦兼OLウェンディ(ロザンナ・アークェット)は駄菓子の行商人の夫、ロニー(ブルース・スペンス)との間に幸福な生活を営んでいる。今日はそんな彼女たちの結婚記念日。御馳走を用意してロニーの帰りを待つがいつまで経っても帰ってこない。実は彼は念願のパブを開くのに格好の廃屋を見つけ一人で修理にいそしんでいたのだ。当然面白くないウェンディだが、その目の前にスーパーマーケットで出会った不思議な男ジェイク(ヒューゴ・ウィービング)が現れたことから彼女の生活は一変する。まるでロマンス小説のヒロインのようなエスコートを受け思わずクラクラとなるが、その頃から彼女の周囲の雲行きがおかしくなる。ジェイクが本名を偽っていること、ウェンディの会社の横領事件、そしてキャロラインという女性の存在……。そして久しぶりに家に帰ったロニーもまた妻の見ている“夢”の内容を知ってしまう。ついにダンスホールでジェイクを巡る愛憎劇を目撃してしまったウェンディは自らの手で夢を壊し、夫のもとへ帰る。再び平凡な現実に戻った彼女だが、夫と共にパブを開きそこに小さくても大切な夢を見出すのだった。

「ウェンディの見る夢は」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウェンディの見る夢は」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ
製作国 オーストラリア
製作年 1989
公開年月日 1991年2月22日
製作会社 ローゼン・ハーパー・モートロックプロ
配給 アスミック
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ウェンディの見る夢は」のみんなのレビュー

「ウェンディの見る夢は」のレビューを書く