女を捜せ

おんなをさがせ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「スタアと選手」「女罠」のロスコー・カーンス、「ハリウッド大通り」「青春ホテル」のマーシャ・ハント、「女学生大行進」「箱入り亭主」のリン・オヴァーマン、「ローズ・ボール」「鉄人対火星人」のラリー・バスター・クラブが共演する映画で、カート・スティール作の小説を「女罠」のブライアン・マーロウがロバート・ワイラー及びエディ・ウェルチと協力して脚色し、「高飛び成層圏」「街の果報者」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり、「ローズ・ボール」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「春を手さぐる」のアストリッド・オルウィン、「スイング」のハーヴェイ・スティーブンス、「息子の顔」のアンソニー・ネイス、「第三階級」のアール・フォックスその他である。

「女を捜せ」のストーリー

私立探偵のハンク・ハイヤーは仲良しの新聞記者シム・パーキンスと一緒に蹴球試合を見に行った。そこではノラ・バリイと彼女の義姉グレタに会う。グレタはノラの兄でキーツ大学の数学教授トム・バリイの妻であるが、英語教授のポール・プロデリックと恋に落ちていた。その夜ハンクはナイト・クラブへ行くと、グレタが富くギャングのストライク・ブレノと連れ立っているのに会った。ハンクが彼女と踊っている間にストライクはその場を出て行った。間もなくグレタも立ち去るのを見てハンクは後をつけた。すると彼女は自動車をキーツ大学の前に止めた。学校の中で銃声が聞こえたと思うと、ストライクが中から走り出して来た。ハンクが直ぐ中へ行ってみると、学長室でバリイが銃弾をあびて倒れている。学校内は大騒ぎになった。調べた結果、バリイは自分の数学的天分を利用してストライクの悪事を助けていたが、最近彼を裏切ったことが判った。その上同校の教授の中には他にも秘かにストライクと通じている者が何人かいることも判明した。その一人であるセイフォースはノラを恋して結婚したいと思っているがバリイが許さないので非常に彼を恨んでいた。またノラも兄を快くは思っていない。嫌疑は無論この二人にも向けられたことは当然である。しかしハンク探偵はいろいろの事実を総合して犯人発見に努めた。現場には犯人が電話をかけている間に悪戯書きをしたと思われる紙片が残っている。壊れた時計ガラスの破片があり、どうしても見つからなかった拳銃も殺人現場と思われる場所で発見された。ハンクは集まった証拠物件から推理してついに犯人を指名した。それは意外にもバリイの妻グレタと通じているプロデリック教授であった。こうしてハンク探偵は見事な功をたて、終始彼を助けて努力した新聞記者シムと共に祝杯をあげて大いに痛飲したのであった。

「女を捜せ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女を捜せ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「女を捜せ」のみんなのレビュー

「女を捜せ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません