• TOP
  • 追われる男

追われる男

おわれるおとこ
上映日
1955-07-31

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「熱風の町」のウィリアム・H・パインとウィリアム・C・トマスのコンビが1955年に製作した西部劇。「賭博の町」のハリエット・フランク・ジュニアと「幌馬車隊」のアーヴィング・ラヴェッチ共作の原作から「勇魂よ永遠に」のウィンストン・ミラーが脚色、「大砂塵」のニコラス・レイが監督した。テクニカラー色彩の撮影は「あの手この手」のダニエル・L・ファップ、音楽はハワード・ジャクソンである。出演者は「明日に別れの接吻を」のジェームズ・キャグニー、「ジープの四人」のヴィヴェカ・リンドフォース、「コロラドの急襲」のジョン・デレク、サイレント時代に活躍したジーン・ハーショルト、「西部の掠奪者」のグラント・ウィザース、「ヴェラクルス」のジャック・ランバート、「日本人の勲章」のアーネスト・ボーグナイン、「スタア誕生(1954)」のアーヴィング・ベーコンなど。
「熱風の町」のウィリアム・H・パインとウィリアム・C・トマスのコンビが1955年に製作した西部劇。「賭博の町」のハリエット・フランク・ジュニアと「幌馬車隊」のアーヴィング・ラヴェッチ共作の原作から「勇魂よ永遠に」のウィンストン・ミラーが脚色、「大砂塵」のニコラス・レイが監督した。テクニカラー色彩の撮影は「あの手この手」のダニエル・L・ファップ、音楽はハワード・ジャクソンである。出演者は「明日に別れの接吻を」のジェームズ・キャグニー、「ジープの四人」のヴィヴェカ・リンドフォース、「コロラドの急襲」のジョン・デレク、サイレント時代に活躍したジーン・ハーショルト、「西部の掠奪者」のグラント・ウィザース、「ヴェラクルス」のジャック・ランバート、「日本人の勲章」のアーネスト・ボーグナイン、「スタア誕生(1954)」のアーヴィング・ベーコンなど。

「追われる男」のストーリー

無実の罪で服役中だったマット・ドー(ジェームズ・キャグニー)は刑期を終え、新生活を求めて西部へやって来た。牧畜の中心地マディスンの近くで、彼はデイヴィ(ジョン・デレク)という青年と知り合った。2人が鷹を狙って撃った銃声が誤解され、マディスンの町民は彼らを強盗と思いこんで捕えようとした。直ぐ誤解はとけたが、デイヴィは抵抗して重傷を負い、農場を営むスウェンスンの家で看護をうけた。スウェンスンと娘ヘルガ(ヴィヴェカ・リンドフォース)それにマットの熱心な看護でデイヴィは恢復したが、足の傷がもとでビッコになった。町民は2人に謝罪する気持ちからマットをシェリフに選んだ。マットはデイヴィを代理シェリフの役につかせたが、彼は不具になったのを根に持って正常な人間に反感を抱くようになっていた。ある日無法者ジェントリーの子分が2人、町の銀行を襲った。マットは1人を捕えてデイヴィに渡し、もう1人のモーガンという男を追った。そしてモーガンを捕えて町に戻ると、デイヴィに預けた男は町民たちから縛り首にされていた。マットは驚いたが、デイヴィにシェリフを勤める気がないことには気づかず、モーガンをとなり町に護送させた。デイヴィはその途中モーガンを逃亡させてしまった。数日後、ジェントリー一味がまた銀行を襲った。マットはすぐかけつけたが、ピストルをつきつけられてどうすることもできなかった。このときマットとジェントリーがかつて同じ囚人仲間だったことがわかり、町民たちはマットを疑ったが、彼は率直に前科者であることを認め、ジェントリーを必ず捕えてみせるといって町民たちとともに一味を追った。ジェントリー一味はインディアンの勢力範囲内に逃げこんだので、町民はマットとデイヴィに後を託して引き揚げた。2人が更に追って行くと、一味はすでにインディアンに殺されていた。デイヴィはここでジェントリーと内通していたことをマットに告げ、彼1人を残して去って行った。マットはインディアンに襲われたが九死に一生を得てデイヴィのあとを追った。捜し当ててみると彼はモーガンと一緒だった。最後の対決で、マットがモーガンに殺されそうになったとき、良心にめざめたデイヴィはモーガンを倒して、自らはマットのピストルに倒れた。

「追われる男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追われる男」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955-07-31
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画会社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「追われる男」のみんなのレビュー

「追われる男」のレビューを書く

「追われる男」をBlu-ray/DVDで観る