俺たちに鎖はない

おれたちにくさりはない
上映日
1969年5月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「わかれ道(1963)」のオービル・H・ハンプトンのシナリオを、テレビ畑の新鋭アーサー・ドレイファスが監督したもので、10代の少年少女の、家出問題を扱っている。撮影は「引き裂かれたカーテン」のジョン・F・ウォレン、音楽は「フランキーandジョニー」のフレッド・カーガーが担当した。美術監督はジョージ・W・デイヴィスとメリル・パイ、編集はベン・ルイス、出演はテレビ「ボナンザ」の新人ブルック・バンディ、この映画の主題歌の作詞・作曲をしているケヴィン・コフリン、「悪い種子」の少女スターだったパティ・マコーマックほか。製作は「青空のデイト」のサム・カッツマン。

「俺たちに鎖はない」のストーリー

シカゴは若い人たちの吹きだまりともいえる都市である。年に5万もの家出した少年少女たちが集まる。都会に憧れ、あるいは両親と口論の末。ディーニー(パティ・マコーマック)はヒステリックな母親とけんかし、シェリー(ブルック・バンディ)は家庭的な淋しさからシカゴへと家出してきた。そしてディーニーはグループ・サウンズの男と同棲し、シェリーは親切なジョアンという人に助けられ、彼女の所にやっかいになった。これら2人のほかに、ガールフレンドとのことが父に知られるのを恐れ家出したデュウィー、都会の華やかさに憧れてきたテリーなどがいる。ある日のことシェリーは秘密のクラブに連れていかれ客をとらされそうになった。何も知らなかった彼女は夢中で逃げ出した。そしてデュウィーと出会い、彼との生活を始めた。友情に結ばれ、貧しいながらも楽しい暮らしだった。だが長くは続かない。ある日のこと、彼女の行方を探すジョアンと暴力団一味に捕まり連れ去られ、さんざんな目にあわされた。数日後、若い娘の死体が発見された。駆けつけたシェリーの父親。だが死体は彼女ではなく、グループ・サウンズの男と同棲していたディーニーだった。殺人の動機は情事のもつれ。一方シェリーは暴力団一味からなんとか逃げ出し、久しぶりに父親と再会した。そして数日後、デュウィーが訪ねてきた。彼も父親と和解し学校へ戻るという。2人は再会を約して別れた……。今日もシカゴへ通じる道路では家出娘が通りがかりのオートバイに乗せてもらっている。憧れの都会に、何が待っているかも知らずに……。

「俺たちに鎖はない」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「俺たちに鎖はない」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1969年5月24日
製作会社 フォー・リーフ・プロ
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「俺たちに鎖はない」のみんなのレビュー

「俺たちに鎖はない」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。