俺が犯人だ!(1955)

おれがほしだ
上映日
1956年4月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカの屋根ウイトネー山脈のローン・パイン附近を背景にした映画で、製作は「タルファ駐屯兵」のウィリス・ゴールドベック。原作は「アスファルト・ジャングル」のW・R・バーネット。監督「ダラス」のスチュアート・ハイスラー、撮影監督は「エデンの東」のテッド・マッコード、美術は「トロイのヘレン」のエドワード・カーリア、音楽は「謎のモルグ街」のデイヴィッド・バトルフ、主演は「異教徒の旗印」のジャック・パランス、「黄金の銃座」のシェリー・ウインタース、「海底の黄金」のロリー・ネルソン。助演は「恐怖の土曜日」のリー・マーヴィン、「荒野の貴婦人」のゴンザレス=ゴンザレス、「見知らぬ人でなく」のロン・チャニー。

「俺が犯人だ!(1955)」のストーリー

窃盗罪で6年の刑を終えたロイ・アール(ジャック・パランス)は出所と同時に観光地で知られたウイトネー山麓に車を走らせた。途中、昔アールの乾分として活躍したやくざ者のベーブ、レッドに会った。アールは再会を喜ぶ2人の配下に無表情に挨拶したきり、傍らfにいたマリー(シェリー・ウインタース)にも冷たく当たった。彼女はアールの一味として以前から彼に従い、彼を慕っていたのだが、6年ぶりの再会というのに彼の冷たい態度に接して憤りを感じた。冷たくなったのは意中の人があったからだった。堅気の女ヴェルマ(ロリー・ネルソン)に愛情が注がれていた。トロピコで自動車事故を起こしたアールはヴェルマに再会することができたのだ。そこでヴェルマは金の出所も知らずにアールの申し出た彼女の不自由な脚を手術する金の提供を承諾する。手術は成功した。やがてロスアンゼルスの親分ビッグ・マックからトロピコのホテルを襲えという指令が出る。アールは仕事の遂行上、女は邪魔になるとマリーの同伴を断るが彼を愛するマリーはロスアンゼルスに帰ろうともしない。ホテルは夜警の出現で失敗に終る。ついにアールは追われる身となる。アールとマリー、ベーブとレッドそれに事前からホテルの事務員に化身していたメンドーサは二組に別れて逃亡する。ロスアンゼルスに急行したアールは盗品を親分にとどけようとホテルに行く、しかしそこに待ちかまえていたのは、親分ビッグ・マックを殺して立っている悪徳医者ジャック・クランマーだった。アールは医者を斃す。彼はヴァルマを尋ね結婚を申し込むが、婚約者の決っているヴェルマは色よい返事をしない。失意のアールに優しい言葉をかけるのはマリーだった。ところが警察に捕まったメンドーサは泥を吐いてしまったことをラジオで知った2人は別々に逃げ出す。アールは山の中にかくれるが警官に包囲される。マリーはアールを助けようと犬のパードを連れて深夜山中に着く。主人の声を聞き分けるパードはアールの処に駈け上がる。警官の銃が彼に向かって乱射される。遂にアールは一命を落すのだった。

「俺が犯人だ!(1955)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「俺が犯人だ!(1955)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年4月8日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「俺が犯人だ!(1955)」のみんなのレビュー

「俺が犯人だ!(1955)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません