オリバー ニューヨーク子猫ものがたり

おりばーにゅーよーくこねこものがたり Oliver and Company
上映日
1990年7月21日

製作国
アメリカ

上映時間
74分

ジャンル
ファミリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ニューヨークの街を舞台に賢い子猫のオリバーと仲間の野良犬たちが繰り広げる大騒動を描くディズニー・アニメーション。監督はこれがデビユーのジョージ・スクリプナー、脚本はチャールズ・ディケンズの「オリバー・ツイスト」を基にジム・コックス、ティモシー・J・ディズニー、ジェームズ・マンゴールドの共同、作画はマイク・ガブリエルほかのチームが担当。日本語吹替版は藤田哲也、松崎しげる、木の実ナナほか。

「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」のストーリー

捨て猫オリバーはマンハッタンの雑踏に一人ぼっち。そこへ通りがかる野良犬ドジャー。その後ろについていってオリバーも犬たちの仲間入り。一方、犬たちの主人フェーギンは借金取りのサイクスに苦しめられていた。犬たちは主人を助けようと知恵をしぼるが、逆にオリバーが車に乗せられてパーク・アヴェニューに住むジェニーという少女の家に連れ去られてしまう。オリバーはジェニーにかわいがられて幸福だが、心配した犬仲間は彼を連れ戻す。フェーギンは借金を返すためサイクスとグルになって、オリバーをだしに使ってジェニーを誘惑することを計画するが、最後の瞬間に後悔し、犬たちと共にジェニーをサイクスの手から助け出す。ジェニーとオリバーは再会を歓び合いパーク・アヴェニューの家に一緒に暮らすことになり、まともに生きることを決心したフェーギンと犬仲間はそこをたびたび訪ねることを約束するのだった。

「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」のスペック

基本情報
ジャンル ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1990年7月21日
上映時間 74分
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品
配給 ウォルト・ディズニー映画=ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」のみんなのレビュー



「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」を観ているあなたにおすすめの映画