オリヴァー・トウィスト(1922)

おりばーとうぃすと
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

『二都物語』『デイヴィッド・コッパーフィールド』等で有名な19世紀のイギリス文豪チャールズ・ディケンズの小説を、フランク・ロイドとハリー・ウィールが脚色し、ロイドが監督の任に当たった。主役はジャッキー・クーガンで、その他ロン・チャニー、グラディス・ブロックウェル、ライオネル・ベルモア、カール・ストックデール等の腕利きが助演する。

「オリヴァー・トウィスト(1922)」のストーリー

養育院の孤児オリヴァー・トウィストは葬儀屋の徒弟にやられたが意地悪い兄弟子に虐められて家出し、ロンドンに行く途中掏摸の子分に出会い貧民窟の親分ファギンの所に連れられる。綽名を坊主と呼ばれる男はオリヴァーの異母兄で、父が羅馬で死ぬ時オリヴァーが21歳まで悪事をせずに育ったら財産を彼に残すとの遺言をしたのを知り、極力オリヴァーを悪者に堕落させようとし、ファギンに頼んでオリヴァーを泥棒に仕込ませようとする。しかしオリヴァーは好紳士ブラウンローの家庭に引き取られたが、再び悪人にさそわれ、今度はファギンの一味なるビル・サイクスがオリヴァーを稼ぎに連れて行って失敗し、少年は再びブラウンローの家に引き渡される。一方ビルの妻ナンシーはオリヴァーの身に危険の迫ったのを知って同情のあまりブラウンローに内通したので、彼女はビルに殺されたが、少年は無事で、悪人一味は破滅する。

「オリヴァー・トウィスト(1922)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オリヴァー・トウィスト(1922)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 日活
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「オリヴァー・トウィスト(1922)」のみんなのレビュー

「オリヴァー・トウィスト(1922)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。

「オリヴァー・トウィスト(1922)」を観ているあなたにおすすめの映画