オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団

おめがしんどろーむきょうふのあんさつだん Omega Syndrome
上映日
1987年8月29日

製作国
アメリカ

上映時間
89分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

娘をネオ・ナチ・テロリストに奪われた男が、戦友とともに救出に向かうというアクション映画。製作はルイジ・G・シンゴラーニ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ゼツェヴィク。監督はジョセフ・マンデューク。脚本はジョン・シャーキー、撮影はハーヴィ・ジェンキンス、音楽はニコラス・カラスとジャック・クーカーリー、第2班監督/スタント監修はスピロ・ラザトスが担当。出演はケン・ウォール、ジョージ・ディセンゾほか。

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」のストーリー

ダンラップはテロリスト・グループのオメガのメンバーだったが、身の安全と引き換えに当局に情報を提供することにした。だが、オメガはホットなヨーヨー(サンダー・バークレイ)とクールなサクソン(ロバート・グレイ)を派遣して護送車を襲い、警官を惨殺しダンロップに重傷を負わせる。妻を亡くして以来アル中になった元新聞記者のジャック(ケン・ウォール)は、娘のジェシー(エコール・エガート)の養育権も妻の父ピアソン医師(ビル・マレー)にとられてしまっている。久しぶりの面会日、父子で酒屋に入ったところヨーヨーとサクソンが押し入り、ジェシーを人質にして逃げて行った。ジャックは警察に届けるが、ミルナー刑事(ダグ・マクルーア)の捜査はなかなか進展しない。業を煮やしたジャックはヴェトナムでの戦友フィリー(ジョージ・ディセンゾ)の協力を求める。犯人の腕にあったΩの刺青を手掛りに、テロリストの間を歩き廻った。一方、ヨーヨーらはモーア医師を射殺する。モーア医師は厳重な警備がしかれている病院に入院中のダンラップの診療に当たっていたのだ。彼の代わりに診療を依頼されたピアソンの前にカール(ロン・クールマン)が現われて、孫娘の生命と交換にダンラップ殺害を強要する。ミルナーは病院でピアソンの姿を見て、ジェシーの誘拐の理由を悟ってあわてて病院へ。だが、ピアソンには患者を殺すことはできなかった。ジャックはオメガの黒幕がカールということに気付き彼を脅してジェシーが16番倉庫に幽閉されていることを白状させた。倉庫に侵入したジャックとフィリーはテロリストを続々と倒していく。ジェシーは洗剤の溶液をサクソンの顔にかけ、その隙に屋上へ逃げ出した。後を追ってきたサクソンをジャックが射殺。こうして再び父娘は一緒になることができた。

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1987年8月29日
上映時間 89分
製作会社 ルイジ・シンゴラーニ・プロ作品
配給 ジョイパックフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」のみんなのレビュー

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団」を観ているあなたにおすすめの映画