愛欲の人魚

あいよくのにんぎょ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「姫百合の花」「あこがれ」と同じくビリー・ダヴ嬢主演映画で、エリノア・グリン女史原作の小説を「情炎の美姫」「故郷の土」のアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、「ライラック・タイム」「彼の捕えし女」「煩悩」と同じくジョージ・フィッツモーリス氏が監督した特作品である。キャメラは「真紅の海」「妖怪屋敷」のソル・ポリート氏が担任した。ダヴ嬢を助けて「ドラモンド大尉」「勝利者(1925)」のロッド・ラ・ロック氏、「高速度娘」のグウェン・リー嬢、ロバート・シェーブル氏等が出演している。

「愛欲の人魚」のストーリー

マイケル・タウンは大金持の独身者だった。女たちは彼にたかった。それ等の異性とふざけちらしては喜んでいるマイケルだった。その日も彼はヨットを出して大振舞いをやり、ポロ・ボート遊びなんて馬鹿騒ぎをしている最中彼が疾駆させているモーター・ボートに突如飛行機が墜落衝突した。それにはジョーン・ウィンスローと言う勇しい娘飛行士が乗っていた。いささか度胆を抜かれたがマイケルは彼女に非常な興味を覚え、ちやほやしてその家まで送り届けた。ジョーンの墜落は新聞にも書かれて評判になり、彼女の後見人は飛行道楽をやめないなら田舎へ追いやると宣告した。一方、マイケルはヴァイオラ・ハトフィールドという歴とした良人ある金髪美人に懸想されてうるさく言寄られて困じ果てていた。そこで頑迷な後見人とあつかましい他所の女房とを避けるために結婚しようという相談が出来たジョーンとマイケルはヨットの上で秘かに結婚式を挙げた。結婚して見るとひとしおジョーンを可愛く思ったマイケルは名ばかりの夫婦でなく正真正銘の結婚生活をしようと言い出したがジョーンは承知しなかった。しかし一度くらいの肘鉄砲に退却するようなマイケルではながた。そして何のかんのと言いくるめて彼はジョーンと共に結婚第一夜をヨットの上で明かした。が翌朝彼が眼を醒ました時にはジョーンは失踪していた。そしてヴァイオラの兄のスキッディーに伴われてヴァイオラの家に奇遇することになったジョーンはマイケルがいくら謝っても彼の許へ帰らなかった。ソレからマイケルは毎日毎晩彼女を追廻したが彼女は巧みに外して他の男たちと戯れた。が遂にマイケルのマイケルの誠実を認め結婚の神聖を思ったジョーンは彼との同棲を承知した。ヴァイオラは2人が秘密結婚したことを知らないので最後の手段としてジョーンに嘘八百を並べてマイケルを思い切るように仕向けた。幻滅を感じたジョーンは死を決して飛行機を飛ばせたが機上にはマイケルも隠れていた。かくて2人は全く愛し合う仲となった。

「愛欲の人魚」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛欲の人魚」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「愛欲の人魚」のみんなのレビュー

「愛欲の人魚」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません