オペラの怪人(1943)

おぺらのかいじん
上映日
1952年1月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

1925年故ロン・チャニー主演で製作された作品の再映画化で、今回は色彩版。ガストン・ルルーの原作から「夜の悪魔」のエリック・テーラーと、サミュエル・ホッフェンシュタインが脚色し、「荒鷲戦隊」のアーサー・ルービンが監督した1943年作品。撮影はハル・モーアとウィリアム・ハワード・グリーンで本作品により同年のアカデミー賞を受けた。音楽はエドワード・ワード。主演は怪人に「汚名」のクロード・レインズが扮し、他に「ニュー・ムーン」のネルソン・エディ、「若草の頃」のスザンナ・フォスター、「幻の女」のエドガー・バリアらが助演する。

「オペラの怪人(1943)」のストーリー

エリック・クローダン(クロード・レインズ)は20年来のパリ・オペラ座交響楽団員を解職させられた。彼は、オペラ座のプリマ・ドンナ、ビアンカロリの代役を勤めるクリスティン・デュボア(スザンナ・フォスター)の隠れた実父で秘かに娘の勉学費を稼いでいた。彼は必死になってピアノ演奏曲を書き上げ、音楽出版社に持ち込んだが喧嘩となり、プレイエルを殺害してしまった上、彼の女秘書に硫酸をかけられ、二眼とみられぬ恰好になってオペラ座の地下室に逃げ込んだ。以来彼は発狂状態で娘の身を思い詰め、ビアンカロリを眠らせてまでもクリスティンを舞台に立たせようと図ったが、それが失敗するやビアンカロリを殺し、更に劇場の大シャンデリアを落として大混乱を巻き起こしたりした。これらの犯行はすべて黒マントの仮面姿で行なわれたので世人はオペラ座の怪人と呼んで恐怖した。一方クリスティンに恋するオペラ歌手のアナトール(エドガー・バリア)は彼をおびき出すために彼の作曲した協奏曲の演奏をフランツ・リストに頼んだ。それを聞いた地下室のクローダンは、連れ込んでいたクリスティンに無理やり主題のメロディをうたわせたが、彼女はそれが幼い日の想い出に連なることに気づいた。ラオールとアナトールが駆けつけ、ラオールの射った1弾はそれて、壁が轟然と崩れて怪人はその下敷となってついえた。その後クリスティンは亡き怪人に親愛の情を覚えつつ、立派な歌手に成長していった。

「オペラの怪人(1943)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オペラの怪人(1943)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1943
公開年月日 1952年1月19日
製作会社 ユニヴァーサル・インターナショナル映画
配給 ユニヴァーサル日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「オペラの怪人(1943)」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません