踊るニューヨーク

おどるにゅーよーく
上映日

製作国
アメリカ

上映時間
104分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「カッスル夫妻」「踊らん哉」のフレッド・アステアのメトロ入社第1回主演映画で、「踊るホノルル」「踊る不夜城」のエリナー・パウエルが共に主演する。ストーリーは「踊る不夜城」のジャック・マッゴワンと「少年の町」のドア・シャーリーが協力書卸し、「真珠と未亡人」のレオン・ゴードンと「群衆は叫ぶ」のジョージ・オッペンハイマーが協力脚色し、「少年の町」「アヴェ・マリア」のノーマン・タウログが監督に当り「ポルカの歌姫」のオリヴァ・T・マーシュと「3人の仲間」のジョゼフ・ラッテンバーグとが協力撮影したもの。音楽は「踊るアメリカ艦隊」と同じくコール・ポーター作詞作曲、ロジャー・イーデンス編曲、アルフレッド・ニューマン指揮に成り、ダンス振付には「踊るホノルル」のボビー・コノリーが任じている。助演者は「天晴れテンプル」「忘れがたみ」のジョージ・マーフィー、「群衆は叫ぶ」「サラトガ」のフランク・モーガン、「ロビンフッドの冒険」のアイアン・ハンター、「海の若人」のフローレンス・ライス、「花嫁は紅衣装」のリン・カーヴア、新人アン・モーリス等である。

「踊るニューヨーク」のストーリー

ジョニイとキングはニューヨークの小さな舞踏場のダンサーであったが、2人とも桧舞台に乗出す野心に燃え、認められる機会を待っていた。ある日、有名な舞踊家クレアのマネージャーをしているケイシーがここを訪れてジョニイの踊りに感心し、彼を契約するつもりだったが、ジョニイは相手を借金取と間違えたのでキングと名乗った。そのためクレアの新しいショウには、キングが相手役に選ばれることとなった。キングは内心の喜びも隠してジョニイに同情し、ジョニイは友情に感激して自分の考案した新しい踊りも彼に譲ってやった。舞台稽古が始まると興行主のマシュウズは、すっかりキングの踊りに感心してしまったので、ケイシーは人違いだったことを言い出す機会がなかった。稽古は数週間熱心に続けられ、その間もジョニイは色々とキングに力を貸してやった。クレアは何時の間にかジョニイを好きになっていた。その上彼の踊りを見て、なぜケイシーがジョニイを選ばなかったかと不審に思ったが、ジョニイは常にキングのために弁解してやった。ところがキングは次第に高慢になって、ジョニイを侮辱するような態度を見せるようになったので、さすがの彼も腹を立てて絶交した。しかし初日の夜に最後の激励の言葉を与えるため楽屋を訪れると、開幕間もないのにキングは泥酔して正体もない有様である。助け起そうとしたが到底駄目だと見たジョニイは、彼に代って最初の幕を踊り、後をキングに譲った。この真相を知ったのは一緒に踊ったクレアだけだった。初日は大成功だったが、次の日ジョニイが姿を消したことを知ったクレアは、悲しみと怒りでキングを責めた。その夜キングは再び泥酔しているので、クレアはジョニイの居所を聞き出して探しに出かけた。キングの代役として出演したジョニイとクレアの踊りは大成功を収め、閉幕間際になってキングは役を譲るために酔ったふりをしていたことが判って3人の間の誤解もとけ、フィナーレには3人が揃って華やかに踊り抜いた。

「踊るニューヨーク」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「踊るニューヨーク」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
公開年月日
上映時間 104分
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社

「踊るニューヨーク」のみんなのレビュー

「踊るニューヨーク」のレビューを書く

「踊るニューヨーク」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません