踊る青春

おどるせいしゅん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「万事円満」「気まぐれ女優」に次ぐコリーン・ムーア嬢主演映画で、「ライラック・タイム」「彼の捕えし女」の脚色者ケイリー・ウィルソン氏が書卸した台本により「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」のウィリアム・サイター氏が監督したもので、キャメラは「ライラック・タイム」「乙女よ純なれ」以来のムーア映画の全部をクランクしたシド・ヒコックス氏が担任している。相手役は「三週間」「娘十八映画時代」のニール・ハミルトン氏が勤め、エドワード・マーティンデル氏、ルイ・ナトー氏、リンカーン・ステッドマン氏等が助演している。

「踊る青春」のストーリー

生命短かし、踊れや乙女。アイルランドの血をうけたニューヨークっ子のパート・ケリーは昼間は百貨店に勤めて売上げ高の多い売子としてお客へのうけもよかったし、夜はブロンクス辺りのダンスホールに踊りに行っては猛烈なダンス振りに青年たちの胆を寒からしめていた。彼女は善良で純潔な処女だったが周囲がみんな不良なので不良の真似が中々上手で誰でも彼女を超モダンガールだと思うくらいだった。パートが勤めている百貨店の社長の息子ウィンスロップ青年は明日から百貨店の人事課長として勤めるという晩有閑生活へのお別れの宴会を開いたが、会が終ってから友達とある踊り場へ出掛けて不図パートと逢い、彼女の快活さと美しさに惹かれて朝の3時まで踊り続け、別れる時晩の7時に会う約束をする。ところがパートは朝出勤の時間に遅れたので人事課長から呼ばれるので、両人は奇遇に驚き且つ悦んだが、折柄社長が入って来たのでウィンスロップ青年は狼狽してパートをひどく叱責した。父親は様子を察してパートの素性を知らずに彼女を馘首して仕舞う。パートはこれをウィンスロップ青年の仕業かと誤解して憤慨したがその夜誤解はとけた。ウィンスロップ青年は彼女が善良な娘であるなら結婚してもいいという許しを父親から得たのでパートの純良を試すために怪し気な料亭へ連れて行った。その夜更けて父親は蓄音機がやかましく鳴り響くので怪しんで階下に降りて見ると息子がパートと一緒にしかも寝間着のまま踊っているので吃驚したが、わけを訊いて見ると、パートの純良さが判ったのでウィンスロップ青年は時をうつさず教会へ駆けつけて結婚してしまったのであった。

「踊る青春」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「踊る青春」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「踊る青春」のみんなのレビュー

「踊る青春」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません