踊り子フィリス

おどりこふぃりす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「氷原の侠児」と同じくエルンスト・レムレエ氏の監督作品で、「結ぶ縁恋の釣天井」「ゴリラ(1927)」等主演のアリス・デイ嬢と「三人」「特性鋼鉄人形」等主演のマット・ムーア氏とが共演する映画である。原作者はアーサー・グレゴア氏、脚色者はジョン・B・クライマー氏である。「椿姫(1927)」「他言は御無用」のリリアン・タシュマン嬢、エドモンド・バーンズ氏、デュエイン・トンプソン嬢、等が助演する。

「踊り子フィリス」のストーリー

若くて金のあるクライド・トンプソンはフォリーの女達と何かといえばすぐに問題を起こす癖があった。で、問題が起こると早速、獄護士のデッカーがその解決に当たる。が、これが決まった様に負けるのである。今日も、デッカーが負けて、クライドが五万ドルの小切手に署名していると、元フォリーにいた事のあるデッカーの妻君から電話が掛かって来た。クライドが電話口に出た。そこでおきまりのフラーテーションが始まった。デッカーの妻君は彼を晩餐に招待し、なお夫への言ずけを頼んだ。が、クライドが言する所が、デッカーに用事を言う云いつけてボストンに出掛けさせ、晩餐には己一人でデッカーの妻君と会おうとした。妻君はフォリーの踊子フィリスを招き、クライドには己がフィリスで、フィリスがデッカー夫人だと云って紹介した。そして二人は表へ出てまた逢って、翌日リッツで食事を共にする事を約した。翌日、リッツへボストンから帰って来たデッカーがやって来た。そこへデッカーの妻君も用件でクライドを訪ねて来た。デッカーはクライドを信用していないので、己の妻君を彼に紹介するのを躊躇した。で、其処で二人の男は、一人は己の恋人、一人は己の妻、へ対してお互いに相手に勘づかれない様にして話をようとしたので、妙なこんぐらがりが出て来てしまう。やがてフィリスが去ってから、デッカーは妻をクライドに紹介したが、クライドは、これにデッカーの照れ隠しだろうと気を廻して本当だとは信じない。クライドは友人の妻君だと彼が思い込んでいるフィリスヲ心底から愛した。そうしている内にまた悶着が起こって、デッカーは妻とクライドとの間を疑う。フィリスが事の真相をデッカーに打ち明ける。デッカーは一人で海辺に遊び怒った真似をして去る。デッカーの妻君はすぐその跡を追った。デッカーの二度目の新婚旅行は斯くして行われた。

「踊り子フィリス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「踊り子フィリス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 ユニヴァーサル
レイティング

「踊り子フィリス」のみんなのレビュー

「踊り子フィリス」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません