踊子サリー

おどりこさりー
製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

「踊子サリー」のストーリー

育児院の炊事場で働いて育ったサリーは院の後援者貴婦人の甥ブレア・ファーカーと知り合ってロマンスを味わった。落ちぶれた舞姫の家に寄食することになってから家計の一助にもとサリーは舞姫になろうとしたが雇い手がないので小さなカフェの皿洗いとなった。給仕として働いているロシアのチェカーゴヴィニア公爵とサリーは親友になった。そして再びブレアと邂ごうし、やがてカフェーの余興場で踊ることになった。俳優周旋業のフーバーはそれを見てブレアの義父や叔母の宴会で替玉になって踊る事を頼まれて大成功を博したが、カフェーの主人が替玉である事を暴露した。サリーは憤りと恥じとでまた落ちぶれ舞姫の許へ帰った。フーバーはサリーを探しに来てジーグフェルドが彼女に契約する旨を伝えた。ブロードウエイ出演は大成功を収めた。ブレアとサリー、ブレアと叔母と公爵、の二組みの結婚式が挙げられたのはそれから間もなくのことであった。

「踊子サリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「踊子サリー」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル
レイティング

「踊子サリー」のみんなのレビュー

「踊子サリー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。