踊り子をめぐりて

おどりこをめぐりて
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マーク・エドモンド氏の原作を「猿は語る」「ネヴァタ男」のゴードン・リグビー氏が脚色し、名犬リン・ティン・ティン映画の監督者であったレイ・エンライト氏が監督したものである。「南海の白影」「太平洋横断」のモルト・ブルー氏、「ウィリー・リバー」「ストリート・ガール」「紐育の波止場」のベティー・カンプソン嬢共演映画で、「シンギング・フール」で発見された天才子役デヴィー・リー少年、「愛の曳綱」のアリス・デイ嬢、「サンダーボルト(1929)」のタリー・マーシャル氏等が助演し、他にジョン・デーブィッドスン氏、ジョーヂ・ストーン氏などが出演している。撮影は「ノアの箱船」バーネー・マッギル氏。

「踊り子をめぐりて」のストーリー

ジョー・デーリーは暗黒街の首領として幅を利かしている物凄い容貌の男であるが、踊り子サディー・ロジャースと結婚してから正道に立ち返ろうとする。だがサディーは虚栄心の強い女で、元よりジョーの金を目当てに結婚したのであるから、ジョーの改心を快からず思い、ジョーと対立していた悪漢ブラッキーと計り、ジョーが地方検事カールソン宛てに返却しようとした盗品を中途で奪い、警察に密告してジョーを獄屋に送る。ジョーはカールソンに計られたものと信じ獄中に復讐を誓うが、ジョーの出獄の日が近づくので、サディーはジョーを亡き者にしようとそて獄を訪れ、破獄を勧め、カールソン殺害を促す。サディーを信じていたジョーは彼女のいう通りに脱獄するが、重傷を負ってしまう。有名な外科医ランドンの娘エルザに救われ、ランドンの病院に運ばれるが、手術の結果ジョーは生まれ変わったような容貌になる。体の回復を待って彼はカールソンの邸を襲うが、カールソンからサディーの行状を利き、また実証を握ったので、ジョーは容貌の変化を利用して何食わぬ顔をしてサディーを訪ねる。フラッキーとサディーはジョーとは知らずに人も無げに振る舞う。その時、ジョーの愛犬が彼の姿を見て喜び跳ねる。ジョーは不用意に犬を呼ぶので、招待を見破られる。ジョーと悪漢等の間に物凄い逃走が起こるが、結局ブラッキーとサディーは敗れる。ジョーの無罪が立証され、彼は退院の時の約束を守って、正道に入る為にエルザ・ランドンの所へ帰って行く。

「踊り子をめぐりて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「踊り子をめぐりて」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
レイティング

「踊り子をめぐりて」のみんなのレビュー

「踊り子をめぐりて」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「踊り子をめぐりて」を観ているあなたにおすすめの映画