愛欲争闘街

あいよくそうとうがい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「坊や」「流行の寵児」のアーチー・L・メイヨ氏が監督した映画で原作及び脚色をアンソニー・コールドウェイ氏が担任し、撮影にはバーニー・マクギル氏が当たった。「スコール」「ノアの箱船」のマーナ・ローイ嬢が主役を演じ、「スピードウェイ」「評判女候補者」のジョン・ミルジャン氏、「遥かなる叫び」「海の王者」のリーラ・ハイアムス嬢、マシュー・ベッツ氏、アンダース・ランドルフ氏、上山草人氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、リチャード・タッカー氏などが助演している。

「愛欲争闘街」のストーリー

アングロ・オリエンタル石油の支配人リチャード・ブランドはハウエル少佐の令嬢ナディンと結婚を望んでいたが、ナディンには愛する許嫁ケントという若者がいた。ケントは英本国の貴族であったが公金費消の罪に問われ本国を去ってやはり中国へ来ていた。そして実際には自分に何も罪もないのに気の弱いケントは愛するナディンが同じ中国にきていることを知りながら会いに行く勇気がなかった。ケントは「千の剣の家」という酒場へ立ち寄る。するとその店の主人フウが奴隷娘のナン・トイを金持ちのシン・ヨイに売り渡す相談中、ナン・トイが逃亡を企てたので折檻しているところであった。ケントはこれを執りなしナン・トイを自分の卓に侍らせたが、さて勘定となった時無一文の彼はフウに突き出されてしまった。異郷の空に意気消沈したケントは世をはかなんで投身自殺をしようとする。そこを心配して跡からついて来たナン・トイに助けられ彼女の部屋へ引き取られ手厚い看護を受ける。けれども間もなくフウに発見されナン・トイは再び虐待される。折柄ケントの無罪を立証した書類を携えて英本国からジョルダンという人間がやってきた。ブランドはこの書類を手にいれようとフウに頼む。フウはケントに命じて盗み取らせようとする。だがナン・トイからその書類が自分の潔白を証するものだと知らされてフウを打ち倒したケントはブランドの家へ駆けつけ書類をナディンの父親に示したがそれは何時の間にか白紙となっていた。しかし本物の書類は間もなくナン・トイが持って現れた。彼女はケントを愛してはいたが結局自分がいてはケントが幸せになれないことを悟り一人淋しく「千の剣の家」へ帰って行った。ケントとナディンの関係は昔の通りに還った。

「愛欲争闘街」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛欲争闘街」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ドノゲー商会 ヤマニ洋行輸入
レイティング

「愛欲争闘街」のみんなのレビュー

「愛欲争闘街」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「愛欲争闘街」を観ているあなたにおすすめの映画