乙女の曲

おとめのきょく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のジーン・レイモンドと「海の魂」「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナが主演する映画で、「娘は否と言った」を監督したアンドリュー・L・ストーンが自らストーリーを書き、監督に当ったもので、脚本は「命を懸ける男」のイヴ・グリーンと「新天地」のフレデリック・ジャクスンが共同執筆した。助演者は「ハリウッドホテル」「踊る37年」のグレンダ・ファーレル、「拾三番目の椅子(1937)」「悪漢の町」のルイス・ストーン、「新天地」のボーター・ホール、「アリババ女の都へ行く」のダグラス・ダンブリルル、「北半球SOS」のジョセフ・ソーヤーその他で、キャメラは「明日は来らず」「シャムパン・ワルツ」のウィリアム・C・メラーの担当である。

「乙女の曲」のストーリー

中央ヨーロッパのあるビアガーデンの余興に出演している恋人のカールとステッフィは、その招待は宝石泥棒で出演の幕間を利用し、相棒のリタ、フォン、パコの3人と組んで町の宝石商を襲ったが、ついに警官に捕われてカールとステッフィは淋しい森に逃げ込んだ。この森の近くに、かつて名ピアニストだったが今は楽団から退いて世間から忘れられたランガウアが住んでいた。2人はこの家にたどりついた。ランガウアはステッフィの若々しい魅力に触れると、失っていた情熱と気力を取り戻し、再び楽団へ打って出られる自信を抱くようになった。カールはこれを利用し、老人が楽団へ出る機会を斡旋すると欺き、当分この家を隠れ家にすることとした。そのうちに姿をくらましていた3人の仲間もここへ現われたので、カールはフォンをマネージャーに仕立てて老人の信用を得たが、ランガウアの復活は世間の評判になってしまったので、どうしても音楽会を開かねばならぬ形成になってきた。この噂を聞いた町の町長は、是非この町の名誉のため最初の演奏会はここで開いてくれと申し込んで来たので、ついにそれが決定した。会場へ行けば捕まる危険はあるけれど、ステッフィは優しい老人を裏切るに忍びず、見付けられるのを覚悟で、老人を励ました。果たして曲半ばで警官が現われカールと他の3人は身をもって逃れたが、ステッフィはその場で捕らえられた。それを見ると、彼女がそばに居なければ気力を失うランガウアの手許が狂い出した。すると隠れていたカールが突然現われ、老人のピアノに合わせてヴァイオリンを弾きはじめたので、ランガウアは見事に演奏を終えた。ステッフィとカールを捕らえた警官は、3人の真心を認め、刑も重くしないであろうと語った。

「乙女の曲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「乙女の曲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング

「乙女の曲」のみんなのレビュー

「乙女の曲」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。