乙女の曲

おとめのきょく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のジーン・レイモンドと「海の魂」「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナが主演する映画で、「娘は否と言った」を監督したアンドリュー・L・ストーンが自らストーリーを書き、監督に当ったもので、脚本は「命を懸ける男」のイヴ・グリーンと「新天地」のフレデリック・ジャクスンが共同執筆した。助演者は「ハリウッドホテル」「踊る37年」のグレンダ・ファーレル、「拾三番目の椅子(1937)」「悪漢の町」のルイス・ストーン、「新天地」のボーター・ホール、「アリババ女の都へ行く」のダグラス・ダンブリルル、「北半球SOS」のジョセフ・ソーヤーその他で、キャメラは「明日は来らず」「シャムパン・ワルツ」のウィリアム・C・メラーの担当である。

「乙女の曲」のストーリー

中央ヨーロッパのあるビアガーデンの余興に出演している恋人のカールとステッフィは、その招待は宝石泥棒で出演の幕間を利用し、相棒のリタ、フォン、パコの3人と組んで町の宝石商を襲ったが、ついに警官に捕われてカールとステッフィは淋しい森に逃げ込んだ。この森の近くに、かつて名ピアニストだったが今は楽団から退いて世間から忘れられたランガウアが住んでいた。2人はこの家にたどりついた。ランガウアはステッフィの若々しい魅力に触れると、失っていた情熱と気力を取り戻し、再び楽団へ打って出られる自信を抱くようになった。カールはこれを利用し、老人が楽団へ出る機会を斡旋すると欺き、当分この家を隠れ家にすることとした。そのうちに姿をくらましていた3人の仲間もここへ現われたので、カールはフォンをマネージャーに仕立てて老人の信用を得たが、ランガウアの復活は世間の評判になってしまったので、どうしても音楽会を開かねばならぬ形成になってきた。この噂を聞いた町の町長は、是非この町の名誉のため最初の演奏会はここで開いてくれと申し込んで来たので、ついにそれが決定した。会場へ行けば捕まる危険はあるけれど、ステッフィは優しい老人を裏切るに忍びず、見付けられるのを覚悟で、老人を励ました。果たして曲半ばで警官が現われカールと他の3人は身をもって逃れたが、ステッフィはその場で捕らえられた。それを見ると、彼女がそばに居なければ気力を失うランガウアの手許が狂い出した。すると隠れていたカールが突然現われ、老人のピアノに合わせてヴァイオリンを弾きはじめたので、ランガウアは見事に演奏を終えた。ステッフィとカールを捕らえた警官は、3人の真心を認め、刑も重くしないであろうと語った。

「乙女の曲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「乙女の曲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング

「乙女の曲」のみんなのレビュー

「乙女の曲」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません