男の忘れる女

おとこのわすれるおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「七真珠」等で紹介されたきり、久しくその姿に接し得なかったモリー・キング嬢のアメリカン・シネマ社に移ってからの作品で、聯合映画劇場組合から発売になった。原作者はエレイン・スターン女史で、ジョン・M・スタール氏の監督である。嬢の相手は新顔のエドワード・ラングフォード氏とルシー・フォックス嬢である。

「男の忘れる女」のストーリー

メリーはロバート・グラアムと結婚して幸福な日を送っていたが、一日学校友達のヘレンが訪ねて来てからは、夫の愛は次第に彼女を去ってヘレンに傾いて行った。ついに絶望の淵に突き落されたメリーは、身重もの体を友人ジェームズ・リヴィングストンの叔母の許に寄せた。ここで彼女は身2つとなるが、幼児の生まれたことは夫には内密にしていた。それは彼女の夫は何日かは彼女の腕に帰って来る。それも子供に対する義務の観念からでなく、自分に対する愛情を甦らせて帰って来ると信じていたからである。そして種々の波乱の後に、彼女の夫に対する動かし難い真の愛が勝利を得る日が来た。

「男の忘れる女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男の忘れる女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 アメリカン・シネマ映画
配給 国活
レイティング

「男の忘れる女」のみんなのレビュー

「男の忘れる女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「男の忘れる女」を観ているあなたにおすすめの映画