ダーリング

だーりんぐ
上映日
1968年2月24日

製作国
イギリス

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フレデリック・ラファエルのオリジナル・シナリオを、「或る種の愛情」のジョン・シュレシンジャーが監督した。撮影はケネス・ヒギンズ、音楽は「唇からナイフ」のジョン・ダンクワースが担当した。出演は、「脱走計画」のローレンス・ハーヴェイ、「唇からナイフ」のダーク・ボガード、「華氏451」のジュリー・クリスティ、ローランド・カラム。製作はホセ・ジャンニ。

「ダーリング」のストーリー

彼女の名はダイアナ(J・クリスティ)だが、誰もが“ダーリング”とよんでいた。若気でごく平凡な男と結婚しモデルをしていたのだが、とてもそんなことで満足はできなかった。たまたまテレビのドキュメンタリー番組に出て、彼女はディレクター兼ナレーターのロバート(D・ボガード)と知り合った。ロバートには妻子があったが、ダイアナの奇妙な魅力にひきつけられ、二人は同棲した。しばらくは充実した愛の日々が続いたが、ロバートの仕事はいそがしく、一人残されるダイアナは、退屈に身をもてあますようになった。そんなある夜、彼女は手伝いに行ったパーティで、大会社の若社長マイルス(L・ハーベイ)に出会い、彼の紹介で映画のチョイ役に出た。やがて妊娠した彼女は、中絶をし、その療養に田舎に帰ったが、すぐに退屈になりロンドンに逃げかえった。だが、ロバートは仕事で忙しく、彼女は一人でイライラしていた。ある日、ダイアナは芝居のオーディションを受けに行ったが、途中で自信を失ない、マイルスを訪ね誘われるままに、一緒に寝た。そして、「パリに仕事がある」とロバートに嘘をつき、二人でパリへ遊びに出かけた。だが、その嘘はバレてしまい、怒ったロバートは荷物をまとめて出て行ってしまった。マイルスの会社のCMガールとなったダイアナは、CM映画撮影のためイタリアに行き、そこで、ある公国君主のチェザーレに求婚され結婚に踏み切った。今や公妃となり雲上人となったダイアナだが、その生活は退屈であり、苦痛でさえあった。そしてついには気も狂わんばかりとなってロバートのもとへ走った。だが彼女は、もはやそんな勝手がゆるされる立場ではないのだ。ロバートに送られ、“ダーリング”は一人飛行機のタラップをのぼっていった。

「ダーリング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダーリング」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1966
公開年月日 1968年2月24日
製作会社 ジョゼフ・ジャンニ・プロ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ

「ダーリング」のみんなのレビュー

「ダーリング」のレビューを書く