男と女のあいだ

おとことおんなのあいだ
上映日
1972年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作者のロイス・グールドが“危機に際し、人は友情という名のもとに何をしたのか”というテーマのもとに書いた小説“Such Good Friends”の映画化。大都会ニューヨークを舞台に、次々に友情に裏切られる人妻を通し、性と友情のあり方を描く。製作・監督は「夕陽よ急げ」のオットー・プレミンジャー、脚色はエスター・デール、音楽はトーマス・Z・シェパード、撮影はゲイン・レシャー、編集はハリー・ハワード、美術はルーベン・ター・アルトゥニアンが各々担当。出演はダイアン・キャノン、ジェームズ・ココ、ジェニファー・オニール、ケン・ハワード、ニナ・フォック、ローレンス・ラッキンビル、ルイーズ・レッサー、バージェス・メレディス、サム・レベーン、ウィリアム・レッドフィールド、ジェームズ・ベアードなど。

「男と女のあいだ」のストーリー

ジュリー(ダイアン・キャノン)は2児の母で、暮らしは中流以上の幸福な家庭だった。夫のリチャード(ローレンス・ラッキンビル)は30歳。一流雑誌の美術主任を担当し、自らのさし絵で童話創作まで手がけるという才能の持ち主で、収入もかなりあったが、ジュリーにとっては夫のまじめな仕事ぶりがかえって不満だった。ある日、リチャードの童話が好評で10版を重ねたため、祝賀会が開かれた。盛大なパーティに、ジュリーはノーブラのスケスケルックで出席して皆を驚かせた。そのパーティが終わったあと、皆は写真家キャル(ケン・ハワード)のアパートで開かれた祝賀パーティに流れた。集まった男女は楽しげに飲み、食い、そしておしゃべりをしていた。ニューヨーク医大病院の医者であるティミー(ジェームズ・ココ)もそんな1人だったが、彼はリチャードには何も口に入れさせなかった。明朝行なわれる手術のために全身麻酔が必要だったからだ。ジュリーは、首についたホクロを取る、といったたわいもない手術なのになぜ全身麻酔が必要なのかわからなかったが、ティミーは専門用語をまくしたてて、相変わらず飲んだり食ったりするばかりだった。翌朝、手術は担当医が失望する程簡単に終わった。ジュリーはリチャードの入院後、彼の親友たちが妙に自分を女として見つめだしたことに気づいたが、とりたてて気にとめなかった。そんなとき、順調だったはずのリチャードの容態が急に悪化した。彼の血はきわめて稀なRHマイナス型で、輸血に抗体反応を起こしたというのである。なぜ手術前に血液反応を調べなかったのかとジュリーは食いさがるが、ティミーはまたしても専門用語をまくしたて、要領の得ないことは相変わらずであった。彼女はわきあがる不吉な予感をどうすることもできなかった。事態は更に急を告げ、リチャードの全血液を取りかえることになった。親類や友だちが集められ、献血してもらうことになったが、集まった連中は雑談にふけり、リチャードの様態など全然気にかけるどころか、ワイルドパーティのさまを呈していた。そのあと、ジュリーはキャルからショッキングな事実を知らされた。夫が、キャルと同棲している新劇女優ミランダ(ジェニファー・オニール)と1年も前から関係しているというのである。彼女はこのことがきっかけで、リチャードの謎めいた文字が書かれてある手帳を調べてみると、驚いたことに、彼女の親友たちがすべてリチャードと関係していたことがわかった。書かれた略字は後背位とか正常位といった具合に体位の略であったり、関係した女の頭文字であった。その中にミランダの他にも、ティミーの細君マリオンもいた。友人はみんな裏切り者だったのだ。彼女はせめてもの復讐にと、キャルやティミーと関係するが満足感など得られるはずはなく、心はますます重かった。やがてリチャードの様態は悪化し、ジュリーの祈りも空しく死んだ。自宅には何人かの人たちが集まってきたが、そんな人たちから逃げるように、2人の息子の手をひいて荒れすさんだ公園へと出かけていった。

「男と女のあいだ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男と女のあいだ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年10月10日
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「男と女のあいだ」のみんなのレビュー

「男と女のあいだ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「男と女のあいだ」を観ているあなたにおすすめの映画