男と女のあいだ

おとことおんなのあいだ
上映日
1972年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作者のロイス・グールドが“危機に際し、人は友情という名のもとに何をしたのか”というテーマのもとに書いた小説“Such Good Friends”の映画化。大都会ニューヨークを舞台に、次々に友情に裏切られる人妻を通し、性と友情のあり方を描く。製作・監督は「夕陽よ急げ」のオットー・プレミンジャー、脚色はエスター・デール、音楽はトーマス・Z・シェパード、撮影はゲイン・レシャー、編集はハリー・ハワード、美術はルーベン・ター・アルトゥニアンが各々担当。出演はダイアン・キャノン、ジェームズ・ココ、ジェニファー・オニール、ケン・ハワード、ニナ・フォック、ローレンス・ラッキンビル、ルイーズ・レッサー、バージェス・メレディス、サム・レベーン、ウィリアム・レッドフィールド、ジェームズ・ベアードなど。

「男と女のあいだ」のストーリー

ジュリー(ダイアン・キャノン)は2児の母で、暮らしは中流以上の幸福な家庭だった。夫のリチャード(ローレンス・ラッキンビル)は30歳。一流雑誌の美術主任を担当し、自らのさし絵で童話創作まで手がけるという才能の持ち主で、収入もかなりあったが、ジュリーにとっては夫のまじめな仕事ぶりがかえって不満だった。ある日、リチャードの童話が好評で10版を重ねたため、祝賀会が開かれた。盛大なパーティに、ジュリーはノーブラのスケスケルックで出席して皆を驚かせた。そのパーティが終わったあと、皆は写真家キャル(ケン・ハワード)のアパートで開かれた祝賀パーティに流れた。集まった男女は楽しげに飲み、食い、そしておしゃべりをしていた。ニューヨーク医大病院の医者であるティミー(ジェームズ・ココ)もそんな1人だったが、彼はリチャードには何も口に入れさせなかった。明朝行なわれる手術のために全身麻酔が必要だったからだ。ジュリーは、首についたホクロを取る、といったたわいもない手術なのになぜ全身麻酔が必要なのかわからなかったが、ティミーは専門用語をまくしたてて、相変わらず飲んだり食ったりするばかりだった。翌朝、手術は担当医が失望する程簡単に終わった。ジュリーはリチャードの入院後、彼の親友たちが妙に自分を女として見つめだしたことに気づいたが、とりたてて気にとめなかった。そんなとき、順調だったはずのリチャードの容態が急に悪化した。彼の血はきわめて稀なRHマイナス型で、輸血に抗体反応を起こしたというのである。なぜ手術前に血液反応を調べなかったのかとジュリーは食いさがるが、ティミーはまたしても専門用語をまくしたて、要領の得ないことは相変わらずであった。彼女はわきあがる不吉な予感をどうすることもできなかった。事態は更に急を告げ、リチャードの全血液を取りかえることになった。親類や友だちが集められ、献血してもらうことになったが、集まった連中は雑談にふけり、リチャードの様態など全然気にかけるどころか、ワイルドパーティのさまを呈していた。そのあと、ジュリーはキャルからショッキングな事実を知らされた。夫が、キャルと同棲している新劇女優ミランダ(ジェニファー・オニール)と1年も前から関係しているというのである。彼女はこのことがきっかけで、リチャードの謎めいた文字が書かれてある手帳を調べてみると、驚いたことに、彼女の親友たちがすべてリチャードと関係していたことがわかった。書かれた略字は後背位とか正常位といった具合に体位の略であったり、関係した女の頭文字であった。その中にミランダの他にも、ティミーの細君マリオンもいた。友人はみんな裏切り者だったのだ。彼女はせめてもの復讐にと、キャルやティミーと関係するが満足感など得られるはずはなく、心はますます重かった。やがてリチャードの様態は悪化し、ジュリーの祈りも空しく死んだ。自宅には何人かの人たちが集まってきたが、そんな人たちから逃げるように、2人の息子の手をひいて荒れすさんだ公園へと出かけていった。

「男と女のあいだ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男と女のあいだ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年10月10日
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「男と女のあいだ」のみんなのレビュー

「男と女のあいだ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

「男と女のあいだ」を観ているあなたにおすすめの映画