男と女のあいだ

おとことおんなのあいだ
上映日
1972年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作者のロイス・グールドが“危機に際し、人は友情という名のもとに何をしたのか”というテーマのもとに書いた小説“Such Good Friends”の映画化。大都会ニューヨークを舞台に、次々に友情に裏切られる人妻を通し、性と友情のあり方を描く。製作・監督は「夕陽よ急げ」のオットー・プレミンジャー、脚色はエスター・デール、音楽はトーマス・Z・シェパード、撮影はゲイン・レシャー、編集はハリー・ハワード、美術はルーベン・ター・アルトゥニアンが各々担当。出演はダイアン・キャノン、ジェームズ・ココ、ジェニファー・オニール、ケン・ハワード、ニナ・フォック、ローレンス・ラッキンビル、ルイーズ・レッサー、バージェス・メレディス、サム・レベーン、ウィリアム・レッドフィールド、ジェームズ・ベアードなど。

「男と女のあいだ」のストーリー

ジュリー(ダイアン・キャノン)は2児の母で、暮らしは中流以上の幸福な家庭だった。夫のリチャード(ローレンス・ラッキンビル)は30歳。一流雑誌の美術主任を担当し、自らのさし絵で童話創作まで手がけるという才能の持ち主で、収入もかなりあったが、ジュリーにとっては夫のまじめな仕事ぶりがかえって不満だった。ある日、リチャードの童話が好評で10版を重ねたため、祝賀会が開かれた。盛大なパーティに、ジュリーはノーブラのスケスケルックで出席して皆を驚かせた。そのパーティが終わったあと、皆は写真家キャル(ケン・ハワード)のアパートで開かれた祝賀パーティに流れた。集まった男女は楽しげに飲み、食い、そしておしゃべりをしていた。ニューヨーク医大病院の医者であるティミー(ジェームズ・ココ)もそんな1人だったが、彼はリチャードには何も口に入れさせなかった。明朝行なわれる手術のために全身麻酔が必要だったからだ。ジュリーは、首についたホクロを取る、といったたわいもない手術なのになぜ全身麻酔が必要なのかわからなかったが、ティミーは専門用語をまくしたてて、相変わらず飲んだり食ったりするばかりだった。翌朝、手術は担当医が失望する程簡単に終わった。ジュリーはリチャードの入院後、彼の親友たちが妙に自分を女として見つめだしたことに気づいたが、とりたてて気にとめなかった。そんなとき、順調だったはずのリチャードの容態が急に悪化した。彼の血はきわめて稀なRHマイナス型で、輸血に抗体反応を起こしたというのである。なぜ手術前に血液反応を調べなかったのかとジュリーは食いさがるが、ティミーはまたしても専門用語をまくしたて、要領の得ないことは相変わらずであった。彼女はわきあがる不吉な予感をどうすることもできなかった。事態は更に急を告げ、リチャードの全血液を取りかえることになった。親類や友だちが集められ、献血してもらうことになったが、集まった連中は雑談にふけり、リチャードの様態など全然気にかけるどころか、ワイルドパーティのさまを呈していた。そのあと、ジュリーはキャルからショッキングな事実を知らされた。夫が、キャルと同棲している新劇女優ミランダ(ジェニファー・オニール)と1年も前から関係しているというのである。彼女はこのことがきっかけで、リチャードの謎めいた文字が書かれてある手帳を調べてみると、驚いたことに、彼女の親友たちがすべてリチャードと関係していたことがわかった。書かれた略字は後背位とか正常位といった具合に体位の略であったり、関係した女の頭文字であった。その中にミランダの他にも、ティミーの細君マリオンもいた。友人はみんな裏切り者だったのだ。彼女はせめてもの復讐にと、キャルやティミーと関係するが満足感など得られるはずはなく、心はますます重かった。やがてリチャードの様態は悪化し、ジュリーの祈りも空しく死んだ。自宅には何人かの人たちが集まってきたが、そんな人たちから逃げるように、2人の息子の手をひいて荒れすさんだ公園へと出かけていった。

「男と女のあいだ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男と女のあいだ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年10月10日
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「男と女のあいだ」のみんなのレビュー

「男と女のあいだ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「男と女のあいだ」を観ているあなたにおすすめの映画