襲われた幌馬車

おそわれたほろばしゃ
上映日
1956年12月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

舞台はアリゾナ、アパッチの脅威から最後まで幌馬車を譲った男を描いた異色西部劇。製作は「たくましき男たち」のウィリアム・ホークス。最近作家から脚本家となったグウェン・バーニ・ギールガッド夫人の書き下ろしストーリーから「ホンドー」のジェームズ・エドワード・グラント、「去り行く男」のデルマー・デイヴス、ギールガッド夫人の3名が共同脚色、デイヴスが監督した。撮影はウィルフリッド・M・クライン、音楽は「誇り高き男」のライオネル・ニューマン。出演は「太陽に向かって走れ」のリチャード・ウィドマーク、コロムビアから借りたテレビ出身の新星で「最初のテキサス人」のフェリシア・ファー、同じくテレビ出身のスーザン・コーナー、子役トミー・レッティグ。

「襲われた幌馬車」のストーリー

1875年、北アリゾナ。早く父母に死に別れ、コマンチ・インディアンに育てられたコマンチ・トッド(リチャード・ウィドマーク)は妻子を殺したハーパー兄弟と闘い3人までを射殺したが、残る1人、シェリフのブルに捕えられた。トッドを連れてブルはノーマンド大佐の指揮する移民を乗せた幌馬車隊に加わる。馬車の車輪に縛られ食物も与えられないトッドに、移民のジェニイ(フェリシア・ファー)とビリイの姉妹は同情。大佐にはヴァリンダとジョリイ(スーザン・コーナー)の2人の娘がいてジョリイはインディアンの混血だった。或夜ヴァリンダ姉妹、ジェニイ姉弟それにクリント、リッジと2人の若者達が泳ぎにいった留守、インディアンに襲われたキャンプは全滅、車輪に縛られたまま崖から落とされたトッドだけが奇跡的に助かる。ヴァリンダとリッジは彼を囚人扱いにしたが、ジェリイ達はトッドに味方し、彼の指導で危地を脱出しようと考えた。途中、リッジが蛇を射殺して弾丸を使い果し、その銃声がインディアンを誘き寄せてしまう。現われたインディアン2人をトッドは片づけたが、行手に300以上のアパッチがいると知った。翌日17人の騎兵隊と合流したトッドは、彼らの輸送する弾薬と石油を爆発させてアパッチを退け、一行は無事砦に到着出来た。そこで殺人犯として裁判にかけられたトッドは、ジェリイとビリイの弁護で保釈となり、2人を連れてコマンチ族のもとへ帰っていった。

「襲われた幌馬車」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「襲われた幌馬車」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1956年12月1日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「襲われた幌馬車」のみんなのレビュー

「襲われた幌馬車」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません