恐るべき訪問者

おそるべきほうもんしゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

身代金を取ろうと金持ちの息子を誘拐した犯人らが恐しい毒ヘビブラック・マンバの放たれた住居に籠城することになるという恐怖映画。製作総指揮はリチャード・R・St・ジョーンズ、製作はマーティン・ブレグマン、監督は「天才悪魔フー・マンチュー」のピアーズ・ハガード、脚本はロバート・キャリントン、原作はアラン・スクルフィールド、撮影はギルバート・テイラー、音楽はマイケル・ケイメンが各々担当。出演はクラウス・キンスキー、オリバー・リード、ニコル・ウィリアムソン、サラ・マイルズ、スターリング・ヘイドン、スーザン・ジョージ、コーネリア・シャープ、ランス・ホルコムなど。

「恐るべき訪問者」のストーリー

母親が旅行中のため、祖父ハワード(スターリング・ヘイドン)と2人きりになった少年フィリップ(ランス・ホルコム)は、今日もペットショップからヘビを持ち帰って来たところだ。しかし、家では恐しい計画が着実に進められていた。メイドのルイーズ(スーザン・ジョージ)と運転手のデイブ(オリバー・リード)が凶悪犯ジャックメル(クラウス・キンスキー)と共謀してフィリップの誘拐を企んでいたのだ。しかし、フィリップを捕えようとしたルイーズが、彼の持ち帰ったヘビに襲われた。そのヘビこそ猛毒をもつブラック・マンバ。毒物研究所のストウ博士(サラ・マイルズ)に届けられるべきそのヘビが、店の手違いでフィリップに渡ってしまったのだ。ブラック・マンバにかまれたルイーズはもがき苦しみやがて息絶えてしまった。突然の出来事でジャックメルとデイブの計画は大きく狂い、仕方なくハワード老人をも人質に、家に立てこもることになった。一方、ストウ博士のカンでブラック・マンバの行方を探しあてた警官がフィリップの家にたどりついた。自分たちの計画が発覚したのだとカン違いしたデイブが彼を射殺。事態を知った警官隊が家を包囲。逃走用の車と50万ドルを要求する犯人たち。しかし警察はそれに従わない。家の中には、警官隊よりもっとこわいブラック・マンバ。だが、ジャックメルは、警察をうまく操ってストウ博士に血清を用意してもらうことに成功し、さらに、ストウ博士をも人質にして要求を続けた。一方、地下室の隠し道を知ったブロック警視(ニコル・ウィリアムソン)は、そのドアを蹴破リボイラー室に侵入、デイブを傷つかせるが、それ以上は手が出せない。しかし、そのデイブをマンバが襲い、やがて息絶えるデイブ。遂にひとりになったジャックメルは冷静に行動を続ける。そして金と車を用意する警察。計画が成功するかに見えたその時、カーテンの陰からマンバが襲いかかり、ジャックメルの体内は毒液に犯されてしまう。と同時にマンバをジャックメルの銃弾が射ぬく。ジャックメルもマンバも息絶えるのだった。

「恐るべき訪問者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐るべき訪問者」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1981
製作会社 マーティン・ブレグマン・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「恐るべき訪問者」のみんなのレビュー

「恐るべき訪問者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。