おしゃれ牧場

おしゃれぼくじょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「珍暗黒街」「恋とお月様」に次ぐジャック・オーキー主演映画で、ミルトン・クリームスの原作を「珍暗黒街」のパーシー・ヒースが「征服群」のグローヴァー・ジョーンズと「青春倶楽部(1930)」のロイド・コリガンと共同して脚色し、「女給と強盗」「女房盗塁」のフランク・タトルが監督し、「戦う隊商」「巴里選手」のヘンリー・ジェラードが撮影した。助演者は「三人姉妹(1930)」「ワイオミングの男」のジューン・コリアー、「巴里選手」のユージーン・パレット、「女房と強盗」のスチュアート・アーウィン、「スキピイ」のミッチー・グリーン等でその他チャールズ・セロン、セシル・ウェストンも出演している。

「おしゃれ牧場」のストーリー

ロッキー山地近くに農場を持っているチェスター・カーは殺伐な西部気分をあじわいにやって来る東部からの旅行者を顧客とするホテルを経営しているが、東部人の期待が満たされるような事件はなく、カーの商売は次第に不景気となり、おりからやって来たお客も帰りじたくを始めるという有り様だった。そこへ4人連れの旅芸人の一行が尾羽打枯らしてやって来たので、カーは食事をさせてやる代わりに、客人に西部気分を味わせるような芝居を打ってもらうこととなった。そこでジェニファーは牧童姿で活躍して武勇を示したので、お客さん達はお喜びだった。就中スーザンという美しい娘を連れて来ているメドーズはすっかりジェニファーに惚れ込んだ。ところへ4人組の強盗がお客を装って、このホテルに投宿し、中の1人はスーザンに目をつけて口説きにかかった。スーザンにはジェニファーも惚れていたのでやけになって彼女の愛を獲ようとしたが、父にひきかえ彼が旅役者であることを見抜いているスーザンはあまり好意を見せなかった。また強盗の一味は散々ジェニファーを嘲笑したがお人好しの彼はわりあい平気だった。ある日スーザンと騎馬散歩を約束したジェニファーは、乗ったことがないので稽古しようとした馬が狂奔したため、山野を駆けづりまわった。スーザンは1人で捜索に出掛けた。一方強盗団は騎馬散歩に行く振りをしホテルを出て、途中で自動車に乗換、中の1人はジェニファーの姿に化けて近くの町の銀行で強奪を働いた。落馬したあげくやっとの思いでホテルに帰ったジェニファーは役人に引き立てられた。スーザンは強盗の秘密を発見したため彼らに誘拐されようとした。子役のアリスが急を告げたのでジェニファーは奮起し、役人をまいて強盗の後を追い格闘の末彼らを倒した。でスーザンを抱くというジェニファーの夢がついに実現したのである。

「おしゃれ牧場」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おしゃれ牧場」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「おしゃれ牧場」のみんなのレビュー

「おしゃれ牧場」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません