おしゃれ哲学

おしゃれてつがく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「雲晴れて愛は輝く」「タイタニック」等出演のヴァージニア・ヴァリ嬢の主演する映画で、「風雲のゼンダ城」「結婚前」等を監督したヴィクター・ヒアマン氏が自ら原作を書きしかして監督したものである。脚色したのはレジナルド・モリス氏。ヴァリ嬢の相手役は「踵の魅惑」「電話姫」等出演のローレンス・グレイ氏で、その他「モガ地獄」のアール・フォックス氏、「蠻婚崇拜」のハラム・クーリー氏、新進のナンシー・キャロル嬢などが助演する。

「おしゃれ哲学」のストーリー

イーヴはワード・デパートメントストアのステノグラファーである。彼女は旧式な考えを持っていて、衣裳などその他の婦人の美を増して男の眼を楽しませる様なことに関しては全然注意を払っていなかった。同じ店に勤めているジョーはイーヴとは恋仲であったが、彼は内々イーヴがもっと身なりに気をつけて貰いたいと考えていた。イーヴとしては真面目に仕事に精を出して金を貯めて早くジョーと家を持つのが望であった。年に一度行はれるこの店のピクニックの日、この店に勤めている女どもは孰れも盛装して来たが、イーヴ1人だけは依然として例によっての御粗末な服装で加わろうとしたので、ジョーは赤面し、また己れの体面を重んじ、假病を使って不参加にしてしまった。その結果、イーヴとそれから同じくこの店に勤めているアート夫婦も、不本意ながら家に止ることにした。このアートの妻君のメイジーというのは大した女で、衣服の魅力というものを心得ている所から、長々とイーヴにその哲学を説き到頭、イーヴを己れの持論えと改宗せしめてしまった。扨て、イーヴが斯うして生れ変って来ると、その美しさにたちまち眼をつけたのは店主の息子のジョージで、彼の誘惑の手はイーヴえと延ばされた。ジョージは彼女をナイトクラブへさそい、更に己れの家へ誘った。ジョーは是れに対して大に不平であった。がイーヴは仕事大事と思って心ならずもジョーの云う侭になっているのであった。が、一方ジョージはメイジーにも野心があったので、ジョージの家でイーヴとメイジとは行きあうこととなり、またそこえジョーとアートとが怒って押しかけて行き、イーヴはジョーに発見され、2人の間の雲行きが頗る怪しくなった。が、それはメイジーの巧な計らいによって圓満な解決を見て、イーヴはジョーと結婚することになった。

「おしゃれ哲学」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おしゃれ哲学」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「おしゃれ哲学」のみんなのレビュー

「おしゃれ哲学」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません


「おしゃれ哲学」を観ているあなたにおすすめの映画