オクラホマ無宿

おくらほまむしゅく
上映日
1952年4月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「海賊ブラッドの逆襲」と同じくハリー・ジョー・ブラウンが製作し、ゴードン・ダグラスが監督した1949年作品の西部劇。脚本は「西部の無法男」のケネス・ガメット、撮影はジョージ・ロートン・ジュニア、作曲はジョージ・ダニング(「ジョルスン再び歌う」)とポウル・ソウテル(「拳銃の誓い」)。主演は「死闘の銀山」ランドルフ・スコットと「剣侠ロビン」のジョージ・マクレディで、ルイズ・オルブリットン(「愉快な家族」)、ジョン・アイアランド(「赤い河」)、ヴァージニア・ヒューストン(「追いはぎ」)、チャールズ・ケンパーらが助演する。

「オクラホマ無宿」のストーリー

1889年、オクラホマ地方は移住者に解放されたので、そこの大勢のカウボーイは失業した。ビル・ドゥーリン(ランドルフ・スコット)は、アーカンサス(チャールズ・ケンパー)、レッド・バック、小ビル、ビター・クリーク、タルサ・ジャックらを糾合してギャング団を作り、列車や銀行を襲った。かれらがよく身を隠すインガルスの町のダンスホールは、アーカンサスを想っているメリサ(リー・パトリック)が経営しており、そこの踊り子でシマロンのバラと呼ばれる美しい娘(ルイズ・オルブリットン)はビター・クリークと恋仲だった。その頃保安官ヒューズ(ジョージ・マクレディ)の一隊が、ドゥーリン一味を検挙すべくやってきたので、ドゥーリンは3ヵ月後の再起を期して、部下を解散させた。堅気になって、ドゥーリンは農場を買い、エレイン(ヴァージニア・ヒューストン)と結婚した。時期が来て、もとの部下たちはドゥーリンに再起を促すが、彼にまったくその気はなかった。だがくされ縁で仕方なく、妻と別れて再びギャングになった。ドゥーリン一味は保安官たちの待ち伏せをくい、ドゥーリンと小ビルだけが危うく農場に逃れた。そこにはエレインがドゥーリンを待っており、2人は安全な場所に逃れて新しい生活を始めようとした。だがこれは保安官の知る所となり、ドゥーリンは、妻に逃亡者の苦しみをなめさせるよりは、自らの死を選ぶことを潔しとした。

「オクラホマ無宿」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オクラホマ無宿」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1952年4月17日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング

「オクラホマ無宿」のみんなのレビュー

「オクラホマ無宿」のレビューを書く

「オクラホマ無宿」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。