オクラホマ巨人

おくらほまきょじん
上映日
1974年1月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

オクラホマの油田地帯を舞台に、石油採掘に命を賭ける3人の男と女、敵対する大資本家の争いを描く。製作、監督は「動物と子供たちの詩」のスタンリー・クレイマー、脚本は新人のマーク・ノーマン、撮影はロバート・サーティス、音楽はヘンリー・マンシーニ、編集はフォルマー・ブラングステッドが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ミルズ、ジャック・バランス、ウィリアム・ラッキング、ハーヴェイ・ジェイソンなど。

「オクラホマ巨人」のストーリー

1913年、オクラホマ。広大な油田地帯にはやぐらが数多く組まれ、盛んに石油採掘が行なわれていた。林立するやぐらから少し離れた丘に、リナ(フェイ・ダナウェイ)のやぐらが立っていた。ある日、この丘に1人の男が近づいてきた。男はリナの父クリオン(ジョン・ミルズ)だったが、彼女はクリオンにライフルを浴びせた。ひとり娘を放り出して行方不明になっていた父をリナは憎んでいたのだ。数日後、クリオンは流れ者の労働者メイス(ジョージ・C・スコット)を雇い、リナが眠っている間に丘に忍び寄った。リナはメイスを使うことはしぶしぶ認めたがクリオンは受け入れなかった。その晩、リナの油田を狙う大石油会社のバン・オクラホマの顧問ヘルマン(ジャック・バランス)が部下を従えやってきて、リナ、メイス、手伝いのジムの3人を無理矢理、バン・オクラホマの事務所に連れ込んだ。ヘルマンはリナに採掘権を譲渡するように迫ったが、リナは頑固に拒否したため、手ひどい暴行を加え去っていった。そのためにジムは死んだ。メイスはクリオンに助けられたものの、丘はバン・オクラホマに支配され、近寄ることもできなかった。リナは裁判所に訴えたが、そこもバン・オクラホマに支配されていた。こうなれば武力で丘を取り戻すしかない。3人は手榴弾を馬車に詰め込み、激しい戦いの末、ようやく丘を取り戻した。数日後の夜、油井から突然ガスが噴き出し、燃え上がった。ガスはすぐ燃えつきたが、パイプをつるケーブルが切れてしまった。修理のためにクリオンがやぐらに登った。その彼を丘の下からバン・オクラホマの連中がライフルで狙いをつける。ケーブルを通し終わったとき、クリオンは胸を打ち抜かれ、やぐらの上から落下した。父を憎んでいたリナだが、悲しみがどっとおしよせてきた。彼が死んだ夜、メイスとリナは愛を確認し合った。翌朝、轟音とともに噴水のように油が噴き上げた。ついに石油が出たのだ。黒い雨の中でメイスとリナは狂喜にふるえていた。丘の下からはバン・オクラホマも含めた多くの石油業者が石油を買う契約を取ろうと殺到した。この騒ぎの中で突然、噴出が止まってしまった。カラ吹きだったのだ。もうこの油井からは一滴の石油も出てこない。人々は嘲笑とともに去っていった。

「オクラホマ巨人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オクラホマ巨人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年1月12日
製作会社 スタンリー・クレイマー・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「オクラホマ巨人」のみんなのレビュー

「オクラホマ巨人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。