愛は心に深く

あいはこころにふかく
上映日
1968年10月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「いつも心に太陽を」「招かれざる客」の黒人スター、シドニー・ポワチエの原案を、「グラン・プリ」のロバート・アーサーが脚色、「電撃フリントGO!GO!作戦」のダニエル・マンが監督したラブ・ロマンス。撮影は「下り階段をのぼれ」のジョセフ・コフィー、音楽は「夜の誘惑」のクインシー・ジョーンズが担当している。出演は、シドニー・ポワチエ、ジャズ・シンガー出身のアビー・リンカーン、「ある戦慄」のボー・ブリッジス、ブロードウェー出身のナン・マーティン、ローリー・ピータースなど。製作はエドガー・J・シェーリックとジェイ・ウェストン。

「愛は心に深く」のストーリー

9年間メイドとして勤めてきたアイビー(アビー・リンカーン)が突然辞めると言い出したので、オースチン家の人々は大騒ぎである。アイビーは、アパートに住み、秘書の学校に通い、中産階級の生活をしてみたかったのである。オースチン百貨店の社長である主人のフランクや妻のドリスも困ったが、もっともあわてたのは、娘のジーナと息子のティムである。ジーナにとってアイビーは家族にも打ち明けられないことでも相談できる友達であり、ヒッピー・スタイルのティムには、父親と自分とのかけ橋的存在であった。ティムとジーナは、アイビーが内心不満としているのは、ボーイ・フレンドが1人もいないことと判断、彼女に恋人をみつけてやることになった。ティムの発案で運送会社に働く、ジャック(シドニー・ポワチエ)かビリーがいいと決まった。ティムは早速、ジャックに電話、昼食に誘い出して、ジャックに、アイビーをデートに誘い出すようにと頼んだ。ジャックはしぶった。だがティムは、彼の弱味につけこんで、その晩オースチン家の夕食会に来ることを承諾させた。ジャックは正装して夕食会に来た。が、夕食会は退屈でつまらないものとなった。ティムは再び2人をひき合わせたが、2人ともお互いに結婚については触れようとしなかった。何日か過ぎたある夜、アイビーはジャックの事務所を訪れた。中ではジャックが大勢の女の子と賭け遊びをしていた。驚くアイビーを、ジャックはアパートへ連れていった。アイビーはジャックの隠された世界を見て、彼への理解が深まった。その翌日、アイビーは、ジャックとのことはティムとジーナの企みであったことを知り、怒り傷ついた。これでこの家にとどまる理由もなくなったアイビーは、ジャックが来るまで待って、出ようと考えた。しかしジャックに彼女はなだめられた。ジャックはギャンブルの相棒ビリーともコンビを解消した。この成り行きをオースチン家の人々は静かに見守っていた。今までほど、華やかな暮らしはできないが、アイビーはジャックと一緒になろうと決心した。

「愛は心に深く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛は心に深く」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年10月5日
製作会社 パロマー・ピクチャーズ・インターナショナル
配給 松竹映配
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「愛は心に深く」のみんなのレビュー

「愛は心に深く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません